キャンサーボードを開催いたしました

キャンサーボードとは、がん患者の病態に応じたより適切ながん医療を提供できるよう、医師や看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどといった患者を取り巻く医療スタッフが、 一同に会して患者の治療に関する意見交換・共有・検討を行うためのカンファレンスのことです。

信大病院では2010年より開催され、現在、毎月第4月曜日の18時から、
がん診療に携わる12の診療科の中から逐次行われています。


《今回の症例》

 ○「Pegfilgrastim投与後に高熱、CRP上昇と動脈炎所見を認めた1例」
     演者:乳腺・内分泌外科  大場 崇旦 先生
 ○「Hyperleukocytosisを呈した小児血液腫瘍の6例」   
    演者:小児科  小森 一寿 先生