研究案内

病院での診療科としては「信州がんセンター」、教室としては「包括的がん治療学教室」を呼称しています。
多くの大学で診療細分化が進み、専門分野単位の教室となった現在、自分の診療科のがんしか診れないという状況が進んでいます。当教室では、臓器横断的にがん治療(化学療法、放射線治療および緩和医療)を提供することが重要と考えております。包括的がん治療学教室では、多くのがん種の治療にあたり、学生および研修医が、がん治療の「Generalist」かつ「Specialist」になるための教育・指導体制をとっています。

信州大学医学部 包括的がん治療学教室

研修目標

当教室の第一の研修目標は、十分な医学的知識・技量と真の「癒しの心」を持ち、患者さんに信頼されるがん医療を行うことにあります。
癒すのは「病」ではなく「病に苦しむ人」であることを十分に理解した人間性に優れた医師の養成を目標としています。

専門医取得を目指す方へ

腫瘍内科の専門医(がん薬物療法専門医取得)ないし緩和医療の専門医取得を目指す医師に関しては、集中的かつ効率的に症例蓄積と臨床研鑽ができるようにし、早期取得を目指します。なお、長野県は人口当たりのがん薬物療法専門医取得者が全国トップクラスの実績があります。

短期研修受け入れ

特長的な取り組みとして短期研修受け入れがあります。これは、専門外のがん治療を経験したい、緩和医療を学びたいという熱意を持った外部の病院や大学内の他診療科に所属する医師を対象に行っている短期の受け入れ研修です。詳細は 包括的がん治療学のサイト を参照のうえ、お気軽にご相談ください。

臨床研究

専門医取得のみならず、基礎ないし臨床研究にて博士号獲得(大学院進学)を目指す医師に対しては、各自その研究テーマを決め、指導していきます。
また、患者さんのデータを整理して将来の治療に結びつける臨床研究にも力を入れており、当科ではあらゆる分野における臨床研究を積極的に行っています。多施設共同臨床研究のテーマを自ら立案することもあれば、全国規模の多施設臨床研究にも協力研究機関として多くの研究に参加しています。こういった手法の臨床研究の一端にも触れることができます。