がん患者の受け入れ、治療に関して

信州がんセンターでは、がん患者の受け入れを行っております。

食道がん/胃がん/大腸がん/肝臓がん/胆嚢がん/膵臓がん/乳がん/口腔がん/頭頸部がん/卵巣がん/子宮頸がん/子宮内膜がん/腎細胞がん/膀胱がん/前立腺がん/精巣腫瘍/肺がん・縦隔腫瘍/骨・軟部腫瘍/皮膚がん/悪性黒色腫/脳腫瘍/白血病/悪性リンパ腫など、
当センターで診療するには原則として医師からの紹介状が必要となります。

外来診療スケジュールは 信州大学医学部附属病院のサイト をご覧ください

キャンサーボード・研修会

キャンサーボード

院内でがん医療に携わる医療人の情報共有と医療の質の向上を目指して、医師、看護師、薬剤師および支援にかかわるコメディカル等が参加して行います。がん患者の多彩な症状、病態および治療方針等を意見交換、検討し、より適切ながん医療を提供できるようにしています。キャンサーボードWGを設定し、定期開催を行っていると同時に、診断・治療の難解例には臨時でキャンサーボードを開催しています。

緩和ケアセミナー

医療人育成の一環として、緩和医療について短期集中的に研修ができるプログラムである緩和ケアセミナーを毎年開催しています。講義と実習形式で2日間の受講となります。受講終了医師は、緩和医療提供時に緩和医療加算が可能となります。緩和医療に興味のある医療人はぜひ参加してみてください。このほかにも、化学療法、放射線治療などの医療従事者向けの研修会も開催しております。

信州がんセンターの研修、見学希望の医師の方へ

当センターでは、医師の研修・見学を受け付けております。ご希望の方は、研修・見学申し込みフォームからエントリーしてください。

研修・見学申し込みフォーム