トップ > 診療科・部門 > 診療部門一覧 > 総合遠隔診療室

診療科・部門

総合遠隔診療室

      
室長川真田 樹人(かわまた みきと)

業務内容

総合遠隔診療室は、医療のICT(情報通信技術)化を推し進める手法の一つとして、積極的に活用されています。コンピューターネットワークなどを利用した全国的にも最先端の取り組みが行われており、遠隔在宅ケアから、遠隔小児救急医療、皮膚疾患カンファレンスのように、多様な支援が行われています。また、遠隔での山岳救急医療や国際間の医療支援システム構築や研究が行われています。遠隔医療は高齢社会や医師の偏在化など、社会的な要因から益々その応用が望まれています。本院でも総合遠隔診療室を中心に、更に充実した取り組みが必要と考えています。

▲このページの先頭へ
▲このページの先頭へ