トップ > 診療科・部門 > 診療部門一覧 > 感染制御室

診療科・部門

感染制御室

      
室長本田 孝行
副室長・感染制御 担当医師金井 信一郎
副室長牛木 淳人
感染管理 専任看護師丸山 貴美子
感染管理 看護師城井 三奈
薬剤師橋本 麻衣子
臨床検査技師春日 恵理子
褥瘡管理者丸山 公子

お問い合わせ

電話0263-37-3426
FAX0263-37-3426
▲このページの先頭へ

業務内容

感染制御室は、本院における医療関連感染予防等について機能的に対処することを目的としています。

  • 感染対策に関するサーベイランス
  • 感染に関する啓発及び職員研修の企画
  • 感染防止のためのガイドライン・マニュアルの整備
  • 異常な感染症が発生した場合の速やかな調査及び対策、全職員への周知徹底
  • 職員・患者等に対する感染対策に関する広報
  • 地域の医療機関との医療関連対策の連携

医療関連感染対策指針

感染対策チーム

患者や職員の安全を図るため,専門的な知識に基づいて医療関連感染を予防し,また治療に必要な情報を提供することを目的に活動しています。

活動内容

チームの構成員は医師、薬剤師、検査技師、看護師等であり、病院内の感染予防に関するコンサルテーション・指導教育・サーベイランスを実施しています。
感染症の起因菌の同定や抗菌剤の選択についてのコンサルテーションを受け、患者さんの主治医やICTメンバーが集まり、情報交換をしてアドバイスをしています。相談しやすいをモットーに迅速・適切な対応を目指しています。
ICTラウンドは毎週、全病棟をラウンドして感染患者の把握およびアドバイスを行っています。
サーベイランスについては耐性菌サーベイランス、ICUでのCVカテーテル関連の血流感染・人工呼吸器関連の肺炎のサーベイランス、血液体液暴露のサーベイランスなどを実施しています。 患者さんと職員の安全を目指して今後も活動していきます。

▲このページの先頭へ
▲このページの先頭へ