トップ > 診療科・部門 > 診療部門一覧 > 近未来医療推進センター

診療科・部門

近未来医療推進センター

      
センター長本田 孝行
副センター長宇佐美 真一

お問い合わせ

受付電話番号0263-37-2574
▲このページの先頭へ

業務内容

近未来医療推進センターでは、先端医療プロジェクトの推進、先端的医療の開発研究と臨床試験の実施、予防医療の研究推進、新規医療技術習得のための教育と研修、外部資金による教育研究の支援など、具体的には、社会構造や疾病構造の変化によって増え続けるメタボリックシンドローム、生活習慣病や糖尿病発症の予防、認知症やうつ病の発症メカニズムの解明による予防法の確立、また、遺伝学的検査による分子治療、がんの治療法「樹状細胞ワクチン療法」などの先端医療外来と外部資金による寄附講座部門における臨床研究と治療方法の開発など、医学部、附属病院を横断的に結びつけ、国内外に近未来の先端医療発信を目指しています。

研究開発部門:部門長 奥山隆平教授

先端細胞治療センター(CPC)における、がんの治療法「樹状細胞ワクチン療法」、や遺伝子治療などを行うとともに臨床研究支援センターによる研究支援活動を推進しています。

臨床試験部門:部門長 奥山隆平教授

臨床研究支援センターが臨床研究を推進して、信州大学発の治療薬や器械の開発を目指しています。

先端予防医療部門:部門長 宇佐美真一教授

臨床及び脳機能・生活習慣病・遺伝子情報等のデータベースの構築を行い、NPO法人熟年体育大学リサーチセンターなどと連携し、テーラーメイドの健康管理、予防法の確立を目指し、企業と団体との共同研究及び研究プロジェクトを積極的に推進します。

教育研修部門:部門長 宇佐美真一教授

先端医療に関連した教育、資格認定、人材育成を行います。

寄附講座部門:部門長 本田孝行教授

外部資金による講座等を置き、先端医療の研究を行います。

企画広報部門:部門長 濱野英明教授

先端医療について情報を発信し、各プロジェクトを支援します。

▲このページの先頭へ
▲このページの先頭へ