トップ > 東日本大震災に係る本院の対応について

東日本大震災に係る本院の対応について

東日本大震災に係る本院の対応について

東日本大震災について

 このたびの東日本大震災において被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲になられた皆様に、心より哀悼の意を表します。
本院では、被災された方々へ可能な限りの支援を行うとともに、一刻も早い被災地の復旧を心からお祈り申し上げます。

                                      信州大学医学部附属病院長 

本院の対応について

 本院では、以下の対応をとっております。

  1、災害対策本部の設置
  2、派遣状況一覧
  3、DMATチームの派遣
  4、放射線測定員チームの派遣
  5、医療救護班の派遣
  6、心のケアチームの派遣
  7、外部被ばく者等の受入
  8、節電対策の実施
 

                      (対応について詳細を時系列順にまとめました。こちらからご覧いただけます。)

災害対策本部の設置について

3月11日(金
地震発生後、直ちに病院長を本部長とする災害対策本部を設置しました。
 →DMAT隊を派遣、放射線測定員チームを編成しました。

3月17日(木
災害対策委員会を開催しました。
  ・放射線汚染者受入マニュアルについて(外部被ばく者用)
  ・がん患者の受入等について
  ・節電対策について
  ・医療救護班の派遣について

3月18日(金)
災害対策委員会を開催しました。
  ・医療救護班の今後の派遣について
  ・本院への患者の受入について(被ばく者・妊婦等の受入を含む)
 →医療救護班(長野県との合同)を派遣しました。

3月22日(火)
災害対策委員会を開催しました。
  ・被災患者の受入について
  ・医療救護班の現況について

3月24日(木)
災害対策委員会を開催しました。
  ・被災患者の受入について
  ・精神科チームの派遣について
  ・医療救護班(第1班)の活動報告について

3月29日(火)
災害対策委員会を開催しました。
 ・被災患者の受入状況について
 ・精神科チームの派遣について
 ・節電対策の一部解除について

4月15日(金)
災害対策委員会を開催しました。
 ・5月以降の医療救護班の派遣について



派遣状況一覧(平成25年9月17日現在)
単位(人)
  DMAT 医療救護班 放射線測
定チーム
心のケア
チーム
被災地医療支援
委員会の要請
合計
3月 4月 5月
医 師 3 5 11 5 21 1 10 7 42
看護師 4 8 14 4 26 1     31
技 師     1   1 1     2
薬剤師 1 4 7 2 13       14
事 務 2 4 6 2 12 1 5   20
10 21 39 13 73 4 15   102
チーム数 2 4 7 2 13 1 5   21


福島原発に関連した外部被ばく検査について

 このたびの東日本大震災において被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 一刻も早い被災地の復旧を心からお祈り申し上げます。
 なお、福島第一、第二原子力発電所に関連したご心配をお持ちの方もいらっしゃるかと存じます。下記に該当される方は健康障害の恐れはなく、検査は不要です。ご安心下さい。

● 長野県内在住の方
● 原発避難対象圏内に滞在しなかった方


 福島原発周辺に在住等で外部被ばく検査にて来院、もしくは同検査を希望される方は、来院前に下記番号までお電話にてお問い合わせください。
 係の者が、受診方法のご案内をいたします。

 電話0263-35-4600 内線6154・6156

 なお、当検査は夜間・休日は実施しておりませんので、ご注意ください。


被災地の妊産婦さん、婦人科疾患を有する患者さんの受入について

 被災地にお住まいの妊産婦さん及びご家族の皆さんへ
 東日本大震災に被災された皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々には深甚な哀悼の意を表させていただきます。

 本院としましても、日本産科婦人科学会および日本産婦人科医会の要請に対し、被災地の妊産婦さん、婦人科疾患を有する患者さんの安全と健康のために全力をつくす所存であります。
 つきましては、被災地域での診療負担を軽減するため、被災地域からの妊産婦、婦人科疾患患者さんの受診・転院要望等がありましたら、可能な限り受け入れさせていただきます。
 なお、本院を受診される際には、下記問い合わせ先まで連絡して下さい。
 来院の際は、十分お気をつけてお越し下さい。

                                      産科婦人科科長 塩沢 丹里
   問い合わせ先:産科婦人科 医局 0263-37-2719

節電対策の実施について

 東日本大震災に伴い、被災地ではガソリンの不足、電力施設の損壊により電力不足となっており、それに伴い、本院においても節電対策を実施しております。
 皆様のご理解とご協力をお願いします。

  ・エレベーターの利用を制限しております。
  ・廊下の照明を制限しております。
  ・空調を制限しております。

DMATとは?

 DMATとは、Disaster Medical Assistance Teamの略で、災害(地震等の自然災害、大規模事故等の事故災害)の急性期(概ね災害発生後48時間以内)に、県からの要請を受けて被災地に出動し、災害現場や病院等で医療救護活動を行う医療チームのことです。
 本院は、平成16年度に起きた新潟県中越起地震等に医療チームの派遣を行ったことがありますが、その当時はDMATというものがまだなく、災害派遣として手探りの状態でしたが、現在では長野県と協定を結んだことにより、DMATの派遣や待機に関する基準が整備されており、長野県と連携し、いち早く災害被災地に急行できる体制が整えられています。
 本院は、専門の研修を受けた3チームのDMAT隊を有しており、松本市総合防災訓練や長野県防災訓練など、訓練を定期的に実施しております。

信州大学、東日本大震災等に関する対策本部の設置について

 3月11日以降、東日本大震災等が発生し、信州大学では対策本部を設置いたしました。
 対策本部から学外一般、入学予定者の皆様、及び教職員・学生・留学生を対象に発信する本学の対策についての情報を随時掲載しています。
 詳しくは信州大学ホームページ内の特設サイトをご覧下さい。


本院の東日本大震災等に係る対応について(時系列)

平成23年

3月11日(金)
 災害対策本部を設置
 DMAT隊1チーム(医師1名、看護師2名、業務調整員2名)出発

3月12日(土)
 岩手県立宮古病院で支援活動

3月13日(日)
 前日に引き続き支援活動

3月14日(月)
 DMAT隊2チーム(医師2名、看護師2名、業務調整員1名)出発
 仙台医療センターで支援活動
 1チーム目帰院

3月15日(火)
 前日に引き続き支援活動
 放射線測定員チーム(医師1名、放射線技師1名、看護師1名、事務1名)出発
 放射線チーム:放射線医療総合研究所(千葉)

3月16日(水
 放射線チーム:福島県庁

3月17日(木)
 2チーム目帰院
 放射線チーム:田村市で活動
 災害対策委員会
  ・放射線汚染者受入マニュアルについて(外部被ばく者用)
  ・がん患者の受入等について
  ・節電対策について
  ・医療救護班の派遣について

3月18日(金)
 医療救護班(第1班)(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)
 放射線チーム帰院
 災害対策委員会
  ・医療救護班の今後の派遣について
  ・本院への患者の受入について(被ばく者、妊婦等の受入を含む)

3月19日(土)
 宮城県石巻で救護所の支援活動

3月20日(日)
 医療救護班(第2班)(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

3月21日(月)
 第1班帰院
 蛇田地区へ巡回診療

3月22日(火)
 湊小学校へ巡回診療
 災害対策委員会
  ・被災患者の受入について
  ・医療救護班の現況について

3月23日(水)
 第2班帰院

3月24日(木)
 災害対策委員会
  ・被災患者の受入について
  ・精神科チームの派遣について
  ・医療救護班(第1班)の活動報告について

3月26日(土)
 医療救護班(第3班)(医師2名、看護師2名。薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

3月27日(日)
 大街道小学校で診療

3月28日(月)
 大街道小学校、大街道地区で診療
 医療救護班(第4班)(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

3月29日(火)
 第3班帰院
 大街道地区及び釜小学校で診療
 災害対策委員会の開催
  ・被災患者の受入状況について
  ・精神科チームの派遣について
  ・節電対策の一部解除について

3月30日(水)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

3月31日(木)
 第4班帰院

4月1日(金)
 医療救護班(第5班)(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

4月2日(土)
 大街道地区及び釜小学校で診療

4月3日(日)
 大街道地区及び釜小学校で診療

4月4日(月)
 第5班帰院

4月5日(火)
 医療救護班(第6班)(医師(研修医含む)2名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

4月6日(水)
 大街道地区及び釜小学校で診療

4月7日(木)
 大街道地区及び釜小学校で診療

4月8日(金)
 第6班帰院

4月9日(土)
 医療救護班(第7班)(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)
 心のケアチーム(第1班)(医師2名、事務1名)出発

4月10日(日)
 大街道小学校及び釜小学校で診療
 心のケアチーム:牡鹿半島の避難所を巡回診療

4月11日(月)
 大街道小学校及び釜小学校で診療
 心のケアチーム:避難所を巡回診療

4月12日(火)
 第7班及び心のケアチーム帰院

4月13日(水)
 医療救護班(第8班)(医師2名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

4月14日(木)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

4月15日(金)
 災害対策委員会の開催
  ・5月以降の医療救護班の派遣について

4月16日(土)
 第8班帰院

4月17日(日)
 医療救護班(第9班)(医師2名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

4月18日(月)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

4月19日(火)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

4月20日(水)
 第9班帰院

4月21日(木)
 医療救護班(第10班)(医師2名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

4月22日(金)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

4月23日(土)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

4月24日(日)
 第10班帰院

4月25日(月)
 医療救護班(第11班)(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

4月26日(火)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

4月27日(水)
 大街道小学校及び釜小学校で診療

4月28日(木)
 第11班帰院

4月29日(金)
 医療救護班(第12班)(医師2名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

4月30日(土)
 大街道小学校、好文館高校及び釜小学校で診療

5月1日(日)
 大街道小学校、好文館高校及び釜小学校で診療

5月2日(月)
 大街道小学校、好文館高校及び釜小学校で診療

5月3日(火)
 第12班帰院

5月8日(日)
 医療救護班(第13班)(医師3名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)出発(長野県との合同)

5月9日(月)
 大街道小学校、好文館高校及び釜小学校で診療

5月10日(火)
 日和山公園視察、臨時診察場所での診療

5月11日(水)
 大街道小学校で診療及び開業医地図の作成

5月12日(木)
 第13班帰院

5月28日(土)
 心のケアチーム(第2班)(医師2名、事務1名)出発

5月29日(日)
 気仙沼市鹿折地区の避難所を巡回診療

5月30日(月)
 気仙沼市本吉地区の避難所を巡回診療

5月31日(火)
 帰院

6月22日(水)
 心のケアチーム(第3班)(医師2名、事務1名)出発

6月23日(木)
 気仙沼市大島地区にて巡回診療

6月24日(金)
 気仙沼市鹿折地区と新月中学校にて巡回診療、健康診断など

6月25日(土)
 帰院

7月5日(火)
 心のケアチーム(第4班)(医師2名、事務1名)出発

7月6日(水)
 気仙沼市大島地区の民家を巡回診療

7月7日(木)
 気仙沼市大島地区の民家を巡回診療

7月8日(金)
 帰院

8月30日(火)
 心のケアチーム(第5班)(医師2名、事務1名)出発

8月31日(水)
 気仙沼市大島地区にて巡回診療

9月1日(木)
 気仙沼市大島地区にて巡回診療

9月2日(金)
 帰院

12月19日(月)
 全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会の要請に基づき、いわき市立総合磐城協立病院へ麻酔科医1名を派遣

12月22日(木)
 帰院


平成24年

4月23日(月)
 全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会の要請に基づき、いわき市立総合磐城協立病院へ麻酔科医1名を派遣

4月27日(金)
 帰院

9月18日(火)
 全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会の要請に基づき、いわき市立総合磐城協立病院へ麻酔科医1名を派遣

9月21日(金)
 帰院


平成25年

1月7日(月)
 全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会の要請に基づき、いわき市立総合磐城協立病院へ麻酔科医1名を派遣

1月11日(金)
 帰院

2月25日(月)
 全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会の要請に基づき、 北茨城市立総合病院へ整形外科医1名を派遣

3月1日(金)
 帰院

9月2日(月)
 全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会の要請に基づき、福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センターへ放射線科医1名を派遣

9月6日(金)
 帰院

9月9日(月)
 全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会の要請に基づき、いわき市立総合磐城協立病院へ麻酔科医1名を派遣

9月13日(金)
 帰院
▲このページの先頭へ