トップ > ニュース&トピックス > 2007年11月

ニュース&トピック

2007年11月

先端医療教育研修センターオープニングセミナー(12/8)開催

皆様のご参加をおまちしております!
信州大学医学部附属病院先端医療教育研修センターでは、12月8日(土)に、未来にはばたく医療人のためにと題して「オープニングセミナー」を開催いたします。

講師に慶應義塾大学医学教育統轄センター長の天野先生や文部科学省高等教育局医学教育課大学病院支援室の清水先生、長野県衛生部衛生技監の桑島先生をお迎えし、講演ならびにシンポジウムを開催します。


なお、申し込み不要、入場は無料となっております。


皆様のご来場をお待ちしております。


(詳しくは続きを読むからご確認ください)

イルミネーションの点灯式(11/30)を開催しました

イルミネーションに点灯する子どもたち
平成19年11月30日(金)午後5時、信州大学の小宮山学長、附属病院の勝山院長、小児科の小池教授らの出席のもと、病棟玄関でイルミネーションの点灯式が行われました。
小児科の病棟医長の合図に合わせ、小児科の入院患者さんを代表して2人の子どもたちが点灯のスイッチを押しました。
それと同時に、高さ25メートルのヒマラヤ杉に飾り付けられた9000個のライトが一斉に点灯し、見学していた患者さんらからは歓声が上がりました。

小児科病棟でマジックショーが開催されました

ゆいの会主宰のマジックショーが開催されました
11月14日、信州大学医学部附属病院病棟4階ディルームにて、ゆいの会主催のマジックショーが行われました。

マジシャン、太田ひろしさんが、様々なマジックを披露してくださいました。

マジシャンの手の中で燃え上がったお札が、次の瞬間には焦げ目ひとつなく、患者さんの手の中に戻っていたり。
音楽にあわせて繰り広げられる輪や布の妙技。

入院中の子どもたちや患者さんがひととき、目の前で起こる不思議な世界にひきこまれていました。

院内コンサートが行われました

信州大学交響楽団による院内コンサートがありました
11月14日、信州大学医学部附属病院病棟9階会議室にて、信州大学交響楽団による院内コンサートが行われました。
木管五重奏、弦楽四重奏による演奏がそれぞれ3曲ずつ、最後にアンコールがありました。

HOT(ホット)の会が開催されました

HOTの会が開催されました10月28日、秋のHOTの会では「音楽を聴いてリラックス」というテーマで講演の後にギターやバイオリンの演奏会を行いました。

信州大学医学部附属病院では17年程前から年に2回(春と秋)、在宅酸素療法(HOT:ホットと読みます)を行っている患者さんを中心に患者会を開催しております。

呼吸不全や心不全が原因となり、在宅で酸素が必要となった患者さんと、そのご家族にお集まり頂いております。

1  2  3

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ