トップ > ニュース&トピックス > 2008年1月

ニュース&トピック

2008年1月

看護師復帰支援講習会を開催しています

信州大学医学部附属病院は、結婚や出産・育児などにより、現場からしばらく離れていた看護師の方々を対象に、臨床現場に安心して復帰していただくための「復帰支援講習会」を開催しております。 信州大学医学部附属病院に看護師として就職を考えているけれど、現場を離れている期間があり不安を抱えている方々のご参加をいただいております...

携帯電話警告装置の導入のお知らせ

病院入り口(売店近く)に案内板がたっております

信州大学医学部附属病院では、院内に「携帯電話警告装置」を設置いたしました。


これは携帯電話から発生する電磁波を検知する装置で、この装置の付近、約6メートル以内で携帯電話を使用すると、使用時に発生する電波に反応して発光する仕組みになっています。


携帯電話から発生する電波によって障害が生ずることが危惧される、ペースメーカーなどの医療機器をお持ちの方は、この警告装置の範囲内で安心してすごしていただけると考えています。

信大TV市民健康講座 第12回「健康診断の血液検査で何がわかるの」

講師:臨床検査部 准教授 本田孝行
第12回
健康診断の血液検査で何がわかるの


講師
信州大学医学部附属病院 臨床検査部 准教授 本田孝行

糖尿病教室(2月5~8日)の開催のお知らせ

2月の糖尿病教室ポスター


信州大学医学部附属病院では、糖尿病の治療を受けておられる方、そのご家族、糖尿病に興味のある方を対象に「糖尿病教室」を開催しております。


糖尿病はこわい病気?
いえいえ、"一病息災"、正しい理解と自己管理で元気な毎日を送ることが可能です。
この機会に「糖尿病」について一緒に学びませんか?


申込は不要です。
どなたでも自由にご参加いただけます。

冬場の血液不足が続いています

長野県赤十字血液センターの依頼により献血活動を実施しました
信州大学医学部附属病院は、長野県赤十字血液センターからの依頼に応え、1月8日、献血活動を実施しました。

採血車の停まる県旭町庁舎駐車場には、医師、研修医、臨床検査技師など職員が次々と全血献血に来ていました。


長野県内では冬場に入ってからずっと、すべての血液型で血液不足が続いています。
気軽にできる人助け、ボランティアとして、皆さんのご協力をお願いします。



長野県赤十字血液センターのHPはこちらを、ご覧ください。

1  2

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ