トップ > ニュース&トピックス > 2月1日より、助産師外来が開始されます

ニュース&トピック

2月1日より、助産師外来が開始されます

助産師外来が始まります
全国的な産科医不足・小児科医不足によって、妊婦さんをはじめ、これから赤ちゃんを産もうと考えている方々、その家族の方々まで、大きな不安が増大しています。


信州大学附属病院では、こうした現状を踏まえ、「妊娠・分娩・育児に対して、妊産婦さんが安心してかつ主体的に係わることを目的とし、これを専門職である助産師が支援する」助産師外来を始めることにいたしました。


助産師外来とは、助産師と医師が役割分担しながら、妊婦健診や保健指導をおこなうことです。


医師の健診と比較して、十分な時間をかけて不安や悩みに耳を傾けることが可能となり、より充実した妊婦さんへのケアや待ち時間の解消が期待できると考えています。


同時に産科医がハイリスクの妊婦さん達に対応する業務も広がります。
医師不足の単なる代用策と言うことではなく、安全で安心したお産を提供するためによりよい体制を築くためのものと考えていただいてかまいません。


助産師外来の具体的な内容としましては、当院の産科を受診している人を対象に、平均15回程度の妊婦健診のうち3?4回を助産師が受け持ち、超音波(エコー)検査、不安や悩みの相談、妊娠・分娩の保健指導などをおこないます。
ハイリスク妊婦も、医師の診察前後に相談や指導を行う予定です。


予約は産科医が行い、1人30分の予約制外来です。


当院は、妊娠・出産にかかわる医療機関として、
?母児の安全を守る
?安心できる、快適なお産体験を提供する
?女性(家族)が本来持っている “産む力”“育てる力”を引き出す
ことを、果たすべき使命であると考えています。


この体制が妊産婦さんの安心と満足につながるように、助産師と産科医が協力し、みなさんを支援していきたいと考えています。


ご意見、ご要望などございましたら、遠慮なくスタッフまでお伝えください。


2月1日朝、産科婦人科外来にてテープカットが行われました

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ