トップ > ニュース&トピックス > 2008年7月

ニュース&トピック

2008年7月

糖尿病教室(8月5~8日)の開催のお知らせ

8月の糖尿病教室が開催されます
信州大学医学部附属病院では、糖尿病の治療を受けておられる方、そのご家族、糖尿病に興味のある方を対象に「糖尿病教室」を開催しております。


糖尿病はこわい病気?


いえいえ、"一病息災"、正しい理解と自己管理で元気な毎日を送ることが可能です。


この機会に「糖尿病」について一緒に学びませんか?


申込は不要です。


どなたでも自由にご参加いただけます。

信大TV市民健康講座 第17回「危ないホクロの見分け方」

講師:信州大学医学部附属病院 皮膚科 准教授 高田 実<br />
第17回
「危ないホクロの見分け方」


講師
信州大学医学部附属病院 皮膚科 准教授 高田 実

小児科病棟の花火大会が開催されました

今年も夏祭りを開催しました
7月23日(水)午後6時30分から病棟玄関にて、東4階の小児科の主催による毎年恒例の夏祭り花火大会が行われました。


今年も信和会のご協力をいただき、ヨーヨー釣りや金魚すくいなどが用意されました。


当日の松本の最高気温は35度もあり、夕方になっても蒸し暑さが残っていましたが、雨や風もなく絶好の夏祭り、花火大会日和となりました。

妊婦さんの診療について(松本地域の共通診療ノート)

松本地域における産婦人科医療の連携体制について

 平成20年7月1日から、松本地域(松本市、塩尻市、安曇野市、波田町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村)で分娩される全ての妊婦さんと、産婦人科の救急治療が必要な全ての患者さんが、松本地域で受入れ可能となるように、松本地域における産婦人科医療の連携体制が開始されました。

 ご協力をお願いします。

新外来棟の内覧会が行われました

新外来棟の内覧会が行われました
7月8日(火)11時過ぎ新外来診療棟の建設現場の内覧会が行われ、小池病院長はじめ十数名の職員が、普段は防音幕で見えない建設中の新外来棟内部を見学しました。


工事関係者しか入れない建設現場に入れたのは、施工主さんのご好意により実現できたものです。
写真のとおり全員ヘルメットを着用し、地下を含め1階の診察室から屋上まで順次見て回りました。


参加した職員にとって、このような機会は初めてで、様々な感想が寄せられました。
内覧会の感想は「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

1  2  3

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ