トップ > ニュース&トピックス > 妊婦さんの診療について(松本地域の共通診療ノート)

ニュース&トピック

妊婦さんの診療について(松本地域の共通診療ノート)

松本地域における産婦人科医療の連携体制について

 平成20年7月1日から、松本地域(松本市、塩尻市、安曇野市、波田町、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村)で分娩される全ての妊婦さんと、産婦人科の救急治療が必要な全ての患者さんが、松本地域で受入れ可能となるように、松本地域における産婦人科医療の連携体制が開始されました。

 ご協力をお願いします。

信州大学医学部附属病院での分娩、妊婦健診をご希望のみなさまへ


・本院では分娩制限は行っておりません。

・初診の受付時間は午前8:30~11:30です。
 電話などによる初診の予約診療はできません。



(1)松本地域に在住で「共通診療ノート」をお持ちの方

健診協力医療機関の指示に従って、妊娠11~12週で本院を受診してください。
 入院の申し込みは、妊娠30~34週で行います。

・詳しくは松本保健所の「妊婦さんの診療について」をご覧ください。



(2)「共通診療ノート」をお持ちでない方

・妊娠の確認を目的として初めて産婦人科を受診される方は、健診協力医療機関を受診してください。

・里帰り出産を希望されている方は、それまで受診されていた病院からの紹介状をお持ちになって、妊娠34週頃来院してください。
 それまでの間、分娩予約のための受診の必要はありません。



分娩部

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ