トップ > ニュース&トピックス > 分娩介助料改定のおしらせ

ニュース&トピック

分娩介助料改定のおしらせ

分べん介助料が改定されます信州大学医学部附属病院は、安全・安心な出産のために(財)日本医療評価機構による産科医療補償制度に加入しております。


産科医療補償制度は分べん時になんらかの理由により重度の脳性まひとなった赤ちゃんとご家族の経済的負担を速やかに補償する制度で、医療機関が保険料を負担いたしますが、制度開始に伴い平成21年1月1日より分べん介助料を改定いたします。


なお、この制度のスタートにより本制度加入医療機関において出産した場合の出産育児一時金が35万円から38万円に引き上げられることになっており、妊婦の皆さんの実際の出産に関する経費の負担については変わりありません


また、今後とも、分べん費用のお支払につきましては、産科外来でご案内しておりますように、病院窓口での支払い金額が軽減される「出産育児一時金受領委任払い制度」をぜひご利用願います。


詳細につきましては15:00~17:00に産科婦人科外来(37-2793)までお問い合わせください。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ