トップ > ニュース&トピックス > 2009年3月

ニュース&トピック

2009年3月

新しい外来診療棟のお知らせ

新外来棟案内、こちらからもpdfファイルへジャンプできます

信州大学医学部附属病院は5月の連休明けより、いよいよ新外来棟での診療を開始いたします。


新外来棟の診療科配置などにつきましては、こちらのpdfファイル(およそ221kb)にまとめましたので、ぜひご一読ください。

病院図書室の愛称が「こまくさ図書室」に決まりました

患者図書館名称は、信大には馴染み深い高山植物の女王とも呼ばれる「コマクサ」の名を冠したものになりました。このコマクサのように、皆さんに親しまれる憩いの場所となることを願っています。
この度は、信州大学医学部附属病院新外来棟に開設予定の、患者図書室愛称募集に多数のご応募頂きありがとうございました。


25名の方々からご応募いただいた60点の募集タイトルの中から、神奈川県川崎市の赤羽和親さんの「こまくさ図書室」が最優秀賞に選ばれ、信州大学医学部附属病院患者図書室の愛称に決定いたしました。

ヴラダン・コチ チェロコンサート開催のお知らせ(3/17)

チェロコンサートを開催板いたします
信州大学医学部附属病院では、笑いや喜びで入院患者さんたちを支えようと、月1回ほどのペースで院内でコンサートやイベントを催しております。


3月17日(火)にも、患者さんサービスの一環としてチェコ共和国・プラハ音楽院のヴラダン・コチ教授をお迎えして院内コンサートを実施いたします。


通常は患者さんのためのミニコンサートとしておりますが、今回はコチ教授のご好意と、小池病院長の意向により、市民の皆様をお招きしてオープン前の新外来棟1階ロビーにおいて、18時より(開場17時半)チェロとピアノのミニコンサートを開催することとなりました。


日時:平成21年3月17日(火) 18:00~(開場17:30)
場所:信大病院新外来棟1階ロビー


申込は締め切りました。たくさんのお申込、ありがとうございました!

テレワーク推進地域セミナーin松本開催のお知らせ

テレワーク推進セミナーin松本のお知らせ
信州大学医学部附属病院では、本年度総務省の支援を得て、小児科や産科などの医師不足の主原因となっている病院勤務医の業務過多の軽減を図るため、病院勤務医や産休中の医師がセキュリティの高い端末を自宅に置き、病院業務の支援を自宅で行うことが可能かどうかを実証する実験を行っております。


この結果についての報告と、パネル討論会を平成21年3月14日(土)に、松本文化会館3階国際会議室において開催いたします。
(詳しくは続きを読むよりご確認ください)


特に医療、情報関係の方におかれましては、是非ご出席をいただき、病院勤務の医師がゆとりを持って診療できますよう、医療のテレワークの推進にご理解とご支援をいただければ幸いと存じます。


信州大学医学部附属病院 

院長   小池 健一

長野県DMATの派遣に関する協定調印式が行われました

長野県DAMTの派遣に関する協定を締結いたしました

本日、長野県庁にて長野県と本院を含む県内10病院が長野県DMATの派遣に関する協定を締結いたしました。


長野県DMATとは、Disaster Medical Assistance Teamの略で、災害(地震等の自然災害、大規模事故等の事故災害)の急性期(概ね災害発生後48時間以内)に、県からの要請を受けて被災地に出動し、災害現場や病院等で医療救護活動を行う医療チームのことです。


本院は、平成16年度に起きた新潟県中越起地震等に医療チームの派遣を行ったことがありますが、その当時は、DMATというものがまだなく災害派遣として手探りの状態でしたが、この協定書には、長野県DMATの派遣や待機に関する基準が盛り込まれており、長野県と連携しいち早く災害被災地に急行できる体制が整えられました。

1  2

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ