トップ > ニュース&トピックス > 長野県DMATの派遣に関する協定調印式が行われました

ニュース&トピック

長野県DMATの派遣に関する協定調印式が行われました

長野県DAMTの派遣に関する協定を締結いたしました

本日、長野県庁にて長野県と本院を含む県内10病院が長野県DMATの派遣に関する協定を締結いたしました。


長野県DMATとは、Disaster Medical Assistance Teamの略で、災害(地震等の自然災害、大規模事故等の事故災害)の急性期(概ね災害発生後48時間以内)に、県からの要請を受けて被災地に出動し、災害現場や病院等で医療救護活動を行う医療チームのことです。


本院は、平成16年度に起きた新潟県中越起地震等に医療チームの派遣を行ったことがありますが、その当時は、DMATというものがまだなく災害派遣として手探りの状態でしたが、この協定書には、長野県DMATの派遣や待機に関する基準が盛り込まれており、長野県と連携しいち早く災害被災地に急行できる体制が整えられました。


本院は、専門の研修を受けた2チームのDMAT隊を有しており、平成20年度は、松本市総合防災訓練や長野県防災訓練など延べ5回の訓練を実施しております。


災害は起こらないことを切に願っておりますが、起こりうることを想定し、これからも訓練に励みたいと思います。


調印式の様子:村井知事と小池病院長

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ