トップ > ニュース&トピックス > 第15回信大りぼんの会が開催されます

ニュース&トピック

第15回信大りぼんの会が開催されます

第15回信大りぼんの会が開催されます
信州大学医学部附属病院では平成21年7月18日(土)に、今回で13回目となる信大りぼんの会を開催します。


りぼんの会は乳腺疾患の患者会として2000年の5月に発足しました。


りぼんの会は、乳がんのことを知りたい方、これから治療を受ける方、現在治療をされている方、経過観察中で通院をしている方など、様々な方が集まっています。


りぼんの会の活動は、年に1~2回ほど活動しています。


関係者のコミュニケーションの場として、各テーマごとに情報交換をしたり、乳腺に関すること、形成外科のこと、リハビリのことについて医師による講演会を開催したり、あけぼの会(全国患者会)の紹介をしたりしています。


りぼんの会は、院内のブレストケアチームが主催しています。
ブレストケアチームには、乳腺外科医師や、乳腺外来・病棟・通院治療室の看護師ならびに、形成外来・病棟の看護師、薬剤師、理学療法士のスタッフがいます。


ブレストケアチームは、乳腺の病気の患者さんが安心して治療が受けられるようにサポートしています。
問い合わせやご相談がありましたら、お近くのメンバーに声をかけてください。


第15回信大りぼんの会


日時:平成21年7月18日(土) 13時~15時
場所:信州大学医学部附属病院新外来棟4階中会議室(正面玄関よりご案内します)


13時~ フリートーク
テーマ:
1、 リハビリ・リンパ浮腫
2、 内分泌療法
3、 治療を受けながらの日常生活
4、 化学療法
5、 その他
※関心のあるテーマを決めてきて下さい


14時00分~ 講演会 
講演会内容
・「こころのケア」  
講師:信州大学医学部保健学科 准教授
信州大学医学部附属病院 遺伝子診療部 臨床心理士 玉井真理子先生


事前に講義内容について、希望や質問を募っております。
講演会への参加をご希望される方、質問がある方は、乳腺内分泌外科外来(電話:0263-37-2783)、もしくは東8階病棟(0263-37-2769)へ、14時から17時までの間にご連絡ください。


また、当日はお茶菓子をご用意いたしますので、参加費(300円)をご用意ください。
りぼんの会へご参加いただく方は駐車券は会場までお持ちください。
無料扱いにさせていただきます。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ