トップ > ニュース&トピックス > 市民公開講座「肝臓週間/肝炎と肝がんを撲滅するために」を開催しました

ニュース&トピック

市民公開講座「肝臓週間/肝炎と肝がんを撲滅するために」を開催しました

パネルディスカッションの様子
信州大学医学部附属病院肝疾患診療相談センターは、平成21年5月23日(土)、松本文化会館に国内で肝疾患診療に携わる第一線の先生方をお招きして、市民公開講座「肝臓週間/肝炎と肝がんを撲滅するために」を開催しました。


当日は、327名の方にご参加を頂き、肝炎治療のスペシャリストの講演をご来場頂いたみなさんが熱心に聞かれ、質疑応答の時間では日頃より不安や心配に思われているご質問を講師の先生方より丁寧な回答をいただきました。


当日の講師の先生方と演題は以下の通りです。


①みえ消化器内科院長 垣内 雅彦先生
「肝臓の栄養と食事」


②東京女子医科大学消化器センター 教授 
橋本 悦子先生


③虎ノ門病院肝臓科 医長 鈴木 文孝先生
「B型肝炎の治療」


④大垣市民病院消化器科 部長 熊田 卓先生
「C型肝炎の治療」


⑤新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学教授 青柳 豊先生
「肝がんの治療」


当日ご参加いただいた皆さんからは

・今後も医学の発展を望み次回も参加させて頂きます。
・また是非参加したい。
・初めて講演会に参加させて頂きました。治療を頑張りたいと思います。
・一般の人にも分かりやすくに興味の持てるお話でした。肝がんに関しての研究が随分進んでいることに驚きました。食事療法も効果についても大変興味がわくお話でした。
・希望を持てるお話でした。
・今までこの様な会があるとは知らなかったので、次回も是非受講したいと思います。
・この様な機会を設けて下さった関係者の皆様に感謝致します。これからも参加し、治療に前向きに取り組みたいと思います。
・今日から食事療法を始めたいと思います!前向きに生活できそうです。有り難うございました。
・この様な機会が定期的にあると良いと思います。
・今回の講演を聴き、早速検診を受けようという意識改革ができました。
・この講演会を機に、一日一日を明るく前向きに生きて行きたいです。
・パネルが鮮明で分かりやすかった。
・今後もウイルスをなくす治療法も研究に期待します。


などといったご意見をたくさん頂戴することができました。


信州大学医学部附属病院肝疾患診療相談センターは、今後も皆様の治療や病気に関する相談を基に、多方面の関係者のみなさんと連携を図り、ウイルス肝炎診療ネットワークの推進に努めていきます。


当日の会場の様子 たくさんの方にご来場いただきました財団法人ウィルス肝炎研究財団常任理事 鈴木宏先生信大病院肝疾患診療相談センターマスコットです

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ