トップ > ニュース&トピックス > 肝炎パスポート発行のお知らせ

ニュース&トピック

肝炎パスポート発行のお知らせ

肝炎パスポートが発行されました
信州大学医学部附属病院、肝疾患診療相談センターは、この度、『肝炎パスポート』を作成・発行いたしました。


この肝炎パスポートの目的は、診療ネットワークの中で新しい情報を提供したり、専門医療機関やかかりつけ医の相談に応じ診療の手助けをし、治療が円滑に行えるようにすることです。


肝炎パスポートは患者さんとかかりつけ医の先生および専門医の先生との橋渡しをするものです。
日々の検査を記録し、病気の長い経過を一目で見られるようになっており、診療の手助けとなるように作られています。
大きさは患者さんが持ち運びしやすいようにB5判としました。


詳しくは続きを読むよりご確認ください。


肝炎パスポートの内容は、平成21年2月28日に開催された長野県肝疾患診療連絡拠点病院等連絡協議会で討議されたもので、記入の手間をできるだけ少なく、しかも必要な情報が得られるよう工夫されています。


現在長野県内35専門医療機関とかかりつけ医64機関に当センターより配布を完了させています。
肝炎パスポートは、専門医の主治医が患者さんの治療においてパスポートが必要であると判断された場合に主治医よりお渡ししています。
※診療情報提供書とは異なりますのでご注意ください。


パスポートの内容などにつきましては、肝疾患診療相談センターまでお問い合わせください。
(当センターより直接お渡しすることはできませんので、ご了承ください)


肝疾患診療相談センター


相談受付時間について
電話(0263-37-2922):月~金 14時~17時
ファックス(0263-37-2922):24時間
e-mail(liver_ce@shinshu-u.ac.jp):24時間

HPはこちらからご覧ください。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ