トップ > ニュース&トピックス > 第2回緩和ケアセミナーin信州大学医学部附属病院を開催しました

ニュース&トピック

第2回緩和ケアセミナーin信州大学医学部附属病院を開催しました

グループワークも多方面からの意見を聞くことができました
信州大学医学部附属病院において、9月26・27日、2日間にわたって緩和ケアセミナーが開催されました。


緩和ケアセミナーは、厚生労働省から打ち出されたがん対策基本法に基づき、「5年間で全ての医師に緩和ケアを」という目的で、県内各地のがん診療連携拠点病院で昨年から開催されています。


本院では、2回目の開催となり、参加者は27名(医師20名、看護師4名、薬剤師1名、作業療法士2名)でした。


医師対象のセミナーでしたが、コメディカルの参加も可能ですので、グループワークでは幅広い意見交換ができました。


講義は受講者に問いかけながら進んでいくため、参加者の方々はとても集中して参加されていました。
また、2日目の昼食は外来棟5階のレストラン「ソレイユ」にて、参加者もファシリテーターも和気藹々とした雰囲気の中、全員でランチをいただきました。


2日間でみっちりと多くを学ぶ盛りだくさんのセミナーですが、このセミナーで得た多くの知識は明日からの臨床に役立てることができると思います。


次回開催時、興味のある方の参加をお待ちしております。


※県内の各がん診療連携拠点病院にて緩和ケアセミナーを行っております。
今年中に受講したい!とご希望の方は、各施設のホームページにアクセスしてください。


次回もたくさんの方のご参加をお待ちしております!講義風景

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ