トップ > ニュース&トピックス > 2009年11月

ニュース&トピック

2009年11月

第28回腎臓病教室開催のお知らせ

第28回腎臓病教室が開催されます
信州大学医学部附属病院では、2000年10月から、保存期慢性腎不全の病態と治療について腎臓病教室を開き、2001年11月の第4回以降は、保存期慢性腎不全の患者さん及びそのご家族を対象として、低蛋白食の調理実習を行って参りました。

今回第28回目は「腎不全を進行させないための工夫」と題して講演を中心とした腎臓病教室を下記のとおり開催しますので、ご参加希望の方は、往復はがきにてお申し込みください。

信大TV市民健康講座第29回「家庭でできるリハビリテーション ~関節拘縮を予防するために~」

リハビリテーション部 技師長(理学療法士) 高橋友明
第29回 「家庭でできるリハビリテーション ~関節拘縮を予防するために~」
講師  信州大学医学部附属病院 リハビリテーション部 技師長(理学療法士) 高橋友明

長野県肝炎医療従事者等研修会を開催しました

松本会場にて肝炎医療従事者研修会を開催しました
信州大学医学部附属病院肝疾患診療相談センターは、11月6日(金)、信州大学医学部附属病院外来棟大会議室において、肝炎医療従事者を対象に長野県 肝炎医療従事者等研修会を開催しました。


先に開催された長野会場研修会のニュースはこちらからご覧いただけます。


県内の医療関係者、市町村関係者や施設関係者が多く参加し、両会場含め、400名ほどの方にご参加頂きました。


この研修会は、地域において良質かつ適切なウイルス肝炎診療が提供されるために、肝炎医療従事者を対象に、肝炎患者への日常的な診療内容、インターフェロン治療等の抗ウイルス療法に関する基礎知識及び最新知識、かかりつけ医と専門医との連携の在り方、などの研修を実施するため、長野県及び長野県医師会とともに、長野市と松本市において開催されました。

患者さんへの新型インフルエンザワクチン接種について

信州大学医学部附属病院では、外来患者さんの新型インフルエンザワクチン接種予約は現在行っていません。 ■基礎疾患を有する最優先接種者に該当する方 本院へ配布されるワクチン数が極端に少なく、接種できる外来患者数が非常に限られ、予約により混乱を生じると判断しました。 本来であれば、優先接種の対象者となる基礎疾患を有する患...

第6回臨床試験センターセミナー開催のお知らせ

第6回臨床試験センターセミナーを開催します信州大学医学部附属病院臨床試験センターでは、医療関係者を対象に6回目となる公開セミナーを開催いたします。


6回目となる今回は、北海道大学病院より佐藤典宏先生をお迎えして、下記のごとく講演会を開催いたします。


日本における治験の現状と、新たな展開を考えてみませんか?
各方面からの多数のご参加をお待ちしております。


なお、本セミナーは厚労省及び文科省発令「新たな治験活性化5カ年計画」を受け、参加された医師の先生方には、臨床試験セミナー参加証明書を発行いたします。


参加証明書については、詳しくはこちらをごらんください。

1  2

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ