トップ > ニュース&トピックス > 患者さんへの新型インフルエンザワクチン接種について

ニュース&トピック

患者さんへの新型インフルエンザワクチン接種について

信州大学医学部附属病院では、外来患者さんの新型インフルエンザワクチン接種予約は現在行っていません。


■基礎疾患を有する最優先接種者に該当する方


本院へ配布されるワクチン数が極端に少なく、接種できる外来患者数が非常に限られ、予約により混乱を生じると判断しました。
本来であれば、優先接種の対象者となる基礎疾患を有する患者さんにワクチンを接種していただきたいところですが、やむを得ず、最も優先的に接種すべき患者さんに絞らせていただき、ワクチンを接種していただくことにいたしました。
現在、最も優先的に接種すべき患者さんを選考している段階で、対象者の患者さんにはおって予約の方法をご連絡いたします。


当院で接種できない基礎疾患を有する患者さんに関しては、他の医療機関での接種をお願いしています。
他医療機関にも通院している患者さんはその施設での接種も可能と思われますが、当院にのみ通院している患者さんに対しては‘優先接種対象者証明書’を発行して他の医療機関で接種していただくことになります。
しかしながら、他の医療機関でも必ずしもワクチンが十分行きわたっているわけではありませんので、‘優先接種対象者証明書’を発行されても、この証明書がワクチン接種を保証するものではないことをご承知下さい。


■妊婦の方


妊婦用のワクチンは別に用意されており、当院産科受診中の方は希望すればワクチン接種可能です。
今後、基礎疾患を有する妊婦の方から優先して接種する予定ですので、予約はいましばらくお待ち下さい。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ