トップ > ニュース&トピックス > 2009年12月

ニュース&トピック

2009年12月

バスの路線名・時刻表変更のお知らせ

信州大学医学部附属病院へお越しいただく際に、バスをご利用される皆さんへお知らせです。 12月16日(水)より松本市内線のバスダイヤが改正になります。 それに伴い、現在信大病院前を通る北市内線の時刻・バス停留所の名称が変更になります。 詳しくはアルピコのホームページをご覧ください。 1)バス停留所名 旧:大学病院前 ...

年末年始、レストランソレイユの営業時間短縮について

信州大学医学部附属病院新外来棟5階にあるレストランソレイユですが、下記の通り年末年始 短縮営業及び休業をさせていただきます。 ご利用の方にはご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 ■年末・年始営業時間・休業■ <クロスカフェー>              12月25日 8:00 ~ 17:3...

盗難にあった安曇野赤十字病院医師のパソコンに本院の患者情報が含まれていたことについてのお詫び

平成21年12月6日(日)、盗難にあった安曇野赤十字病院の医師のパソコン内に信州大学医学部附属病院の患者情報が含まれていたことは大変遺憾であります。
患者さんと関係の方々に多大なご迷惑をおかけしましたことに心からお詫び申し上げます。

信大TV市民健康講座第30回  HIV感染症と「生活」

医療福祉支援センター  社会福祉士 小竹美千穂
第30回  HIV感染症と「生活」
講師  信州大学医学部附属病院医療福祉支援センター  社会福祉士 小竹美千穂

チェルノブイリとイラクの子どもたちの絵画展を開催中です

チェルノブイリとイラクの子どもたちが書いた絵画展を開催中です
信州大学医学部附属病院は、チェルノブイリとイラクの子ども達が描いた大小さまざまな絵を、12月1日~18日まで、外来棟と病棟を結ぶ廊下にて展示しています。


信州大学医学部は、1991年よりチェルノブイリ連帯基金と協力し、チェルノブイリとイラクの子ども達の命を救うための海外医療支援活動を行なってきました。
その一環として、今月7日~15日までイラクの首都バクダッドから医師が来日し、本学医学部で研修を受けることになりました。


こういった機会にあわせて、これまでチェルノブイリ連帯基金事務局が預かった支援国の子ども達の絵を病院内に展示し、地域からの国際交流を考える機会となることや、純粋な子ども達の絵が院内を行き交う方々に語りかけるものを感じ取っていただけたらという思いから、絵画展を開催することになりました。


外来棟と病棟を結ぶ廊下の両側に飾られた絵画を、期間中多くの皆様に鑑賞していただきたいと思います。

<< 1  2  3

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ