トップ > ニュース&トピックス > 長野県立こども病院と連携協定を締結しました。

ニュース&トピック

長野県立こども病院と連携協定を締結しました。

長野県立こども病院と信州大学医学部附属病院は、先天性心疾患患者の診療に関する連携強化を目的に、協定を締結し、平成26年6月16日に長野県立こども病院において調印式を開催いたしました。

この連携は、成人先天性心疾患患者さんに必要な診療をこども病院と信大病院とで協力して行うことで「患者サイドから見てよりよい医療」の提供を目指します。例えば、成人期医療が必要なこども病院の患者さんを信大病院で治療し、信大病院では難しい成人先天性心疾患患者さんのカテーテル治療や手術をこども病院で行います。このように、両病院の技術を活かした連携協力によって、より質の高い最適な医療を患者さんに提供できることが可能になります。

また、病院を移行する際は、こども病院と信大病院とで共同して移行外来を実施し、患者さんが不安にならないよう配慮いたします。加えて、信州メディカルネット等を活用し、情報の移行も確実に行います。

これらのほかにも、後進育成や調査研究によって、全国の成人先天性心疾患患者さんの診療向上が期待されます。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ