トップ > ニュース&トピックス > 信州上田医療センターと医師確保に関する協定を締結

ニュース&トピック

信州上田医療センターと医師確保に関する協定を締結

写真左から:北村村長(青木村)、花岡市長(東御市)、本郷病院長、母袋広域連合長(上田市長)、森院長(信州上田医療センター)、羽田町長(長和町)、山村町長(坂城町)


独立行政法人国立病院機構信州上田医療センターと上田地域広域連合、上田市をはじめとする市町村及び信州大学医学部附属病院は、上小(上田)医療圏と坂城町の地域医療の整備・充実と同地域の安定的な医師確保を目的に連携協定を締結し、平成26年7月8日、上田市交流文化芸術センターにおいて、母袋広域連合長(上田市長)、各市町村長、森信州上田医療センター院長、本郷信州大学医学部附属病院長が列席して調印式を開催いたしました。
今回の協定締結以前は、上小医療圏地域医療再生計画(2009~13年度)に基づき信州大学医学部附属病院から、信州上田医療センターへ医師派遣をしてきましたが、計画終了に伴い、引き続き長野県保健医療計画に設定される上小医療圏及び坂城町の地域医療を充実させることを目的に、各市町村からの研究費補助を受けて今回の協定締結に至りました。
これによって、今まで以上の地域医療の充実と研究の推進が期待されます。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ