トップ > ニュース&トピックス > JA長野県グループから寄贈された巡回診療車の愛称が 「めぐりん号」に決定し、表彰式を行いました

ニュース&トピック

JA長野県グループから寄贈された巡回診療車の愛称が
「めぐりん号」に決定し、表彰式を行いました

_DSC9220.jpg

山沢学長より表彰状が手渡された。

JA長野県グループのご厚意により寄贈いただいた、地域医療や健康長寿の促進、実践的な総合診療ができる医師の育成などを目的とした巡回診療車の愛称について、平成26年6月21日(土)~平成26年7月22日(火)までの期間公募いたしました。この結果、全国から343件のご応募をいただきました。多数のご応募ありがとうございました。
この中から愛称選考会を開いた結果、次の愛称に決定しました。また、最優秀賞1名としておりましたが、どちらの愛称の説明にも甲乙つけがたく、2名同時の受賞となりました。

【愛称】
めぐりん号

【応募者】
桜井 彩恵(さくらい さえ) さん
宮崎 英明(みやざき ひであき) さん

【愛称の説明】

巡回診療車によって人々の健康、絆、全ての思いが輪のように繋がる(巡る輪)という願いを込めました。
巡回診療車を象徴する「めぐる」と、信州を象徴する「りんご」を合体して、「めぐりんご」とし、さらに「ご」に「号」をあて、車らしさを出しました。
_DSC9237.jpg

右から長野県農業協同組合中央会牧島保昌参事、池田医学部長、桜井彩恵さん、山沢学長、本郷病院長

名称決定に併せて9月1日、巡回診療車のお披露目と愛称決定表彰式を開きました。表彰式には、応募者の桜井彩恵さんと長野県農業協同組合中央会参事 牧島保昌様、山沢学長、本郷病院長が出席しました。受賞した桜井さんには山沢学長より表彰状と副賞が手渡されました。桜井さんは「地域の人々の健康や絆が輪のように繋がってほしい」と愛称に込めた思いを話しました。
引き続き、本郷病院長から巡回診療車を寄贈いただいたJA長野県グループ様へ感謝状が授与され、最後に記念撮影を行い式は終了しました。
今後、巡回診療車は、総合診療や健診、調査研究などを実施するために役立て、災害医療への活用など、幅広く使用する予定です。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ