トップ > ニュース&トピックス > 「2014年糖尿病週間 in 信州大学医学部附属病院」を開催しました

ニュース&トピック

「2014年糖尿病週間 in 信州大学医学部附属病院」を開催しました

bluelight_tree.JPG

11月14日は世界糖尿病デー、11月10~14日は糖尿病週間でした。
信大病院では5年目になる催しが院内で行われました。

世界糖尿病デーには松本城がブルーライトアップされますが、信大病院内では糖尿病週間中にブルーライトのツリーが毎年飾られます。
ツリーのあるホスピタルモールには、糖尿病に関するパネル展示があり、様々な情報が展示されました。
糖尿病サポートチームによる糖尿病の一般的な内容から、認定看護師による「移植」「遺伝」「認知症」などの専門的なことまで、興味深い展示になったと思います。

また、世界糖尿病デーには、無料血糖測定を行い、約100名の方が体験し、血糖測定の簡便さに驚きながら、自身の値を確認していきました。
医師による健康相談では、日頃の健康に関する不安を聞いてもらい、アドバイスを受けて笑顔になる
方々が大勢いました。

tounyoubyou_paneru 1.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

市民公開糖尿病講演会は、糖尿病・内分泌代謝内科の駒津教授の講演や、理学療法士の先生方による運動療法の講演があり、大勢の市民の皆様にご参加いただきました。運動は、チェアエクササイズという椅子に座ったままできる方法を、参加者全員で実践しました。参加者からは肩こりがすっきりした、体が温まったなどの声が聞かれ、運動の大切さと楽しさを感じてもらえたのではないでしょうか。

来年も糖尿病デーのイベントを行います。
今年参加できなかった方、興味をもってくださった方、ぜひお待ちしております。

医師による健康相談の様子

講演会の様子

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ