トップ > ニュース&トピックス > 9/12.13 緩和ケアセミナーを開催します

ニュース&トピック

9/12.13 緩和ケアセミナーを開催します

kawa_poster_2015.gif

信州大学医学部附属病院は長野県における「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されています。

緩和ケアはがん対策推進基本計画の重点課題の一つです。
がん患者とその家族が可能な限り質の高い生活が送れるよう、緩和ケアががんと診断された時から提供されるとともに、診断、治療、在宅医療など様々な場面で切れ目なく実施されるように、本院をはじめとする県内の各がん診療連携拠点病院で「緩和ケア研修会」を開催しています。

今年度、本院では平成27年9月12日(土)・13日(日)に緩和ケアセミナーin信州大学医学部附属病院2015を、がん医療に携わる医師・コメディカルを対象に開催いたします。


ご参加お待ちしております。


 緩和ケアセミナー in 信州大学医学部附属病院2015
 日   時   平成27年9月12日(土)   12:30 ~19:30
          平成27年9月13日(日)    9:00 ~17:30
 場   所   信州大学医学部附属病院 外来棟4階大会議室
 対   象   がん医療に携わる医師 ・ コメディカル (若干名)
 募集定員   50名
 参 加 費    5,000円 (資料代、情報交換会を含む)
           初日受付時にお納め下さい。
 申込締切   平成27年7月31日(金)
 申込方法   参加申し込み書へ記入の上、下記連絡先にFAXまたはメールでお申し込み下さい。
          ・ 参加申込書ダウンロード Pdf版(124KB)
                             Word版(12KB)

 プログラム こちら(pdf/126KB)よりご確認ください。

 内   容  講義やワークショップ・ロールプレイ等を通して、緩和ケアについての基本的な
          知識・技術・態度を習得するための研修会です。
          * がん疼痛の機序、評価、WHO がん疼痛治療法、専門的疼痛緩和
          * 患者の視点からみてどのような緩和ケアの実践が求められるか
          * がん疼痛に関する事例検討   * 身体症状に対する緩和ケア
          * 気持ちのつらさ、せん妄について   * がん告知のコミュニケーション
          * 患者・家族のつらさや生活をどのように包括的に評価し症状を緩和し生活と希望を支えるか
          * 医療用麻薬を処方する時の患者への説明についてロールプレイを通して学ぶ
          * 地域連携と治療・療養場所の選択に関する問題点の検討

 備   考  ・ 2日間のセミナー終了後に厚生労働省公認の修了書が授与されます(医師)。
         ・ 修了者の氏名所属等は必要に応じて公表いたします。
         ・ 全てのセッションを受講しないと修了証書をお渡しできません。両日とも参加して下さい。
         ・ コメディカルの方には主催者による修了証書を発行します。
         ・ 日本医師会生涯教育制度単位認定に相当する研修会として、10単位が取得できます。
           【カリキュラムコード  4・5・6・10・13・15・18・19・29・45・51・53・59・70・80・81・83・84】
         ・ 診療報酬算定要件 「緩和ケアに関する研修を修了している医師」 に該当する研修会です。

 主   催  信州大学医学部附属病院
 後   援  長野県 長野県医師会 松本市医師会 安曇野市医師会 塩筑医師会
          大北医師会 木曽医師会 長野県看護協会 長野県薬剤師会

 連 絡 先   〒390-8621 松本市旭3-1-1
           信州大学医学部附属病院 医療支援課医療連携係
           TEL:0263-37-3391
           FAX:0263-37-2854
           Eメール :sca@shinshu-u.ac.jp
 
         ※募集案内については、こちら(pdf/160KB)よりご確認ください。
         ※ポスターはこちら(pdf/1,015KB)からもご覧になれます。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ