トップ > ニュース&トピックス > H28.2.4 信州がんセンター公開講座 「大腸がん治療の最前線」開催

ニュース&トピック

H28.2.4 信州がんセンター公開講座 「大腸がん治療の最前線」開催

2016.2.4 daityo.gif
信州大学医学部附属病院は、長野県における都道府県がん診療連携拠点病院として指定されています。

その活動の一環として、がんに関する様々な診断方法や治療方法について理解を深めていただくために、がんに関心のある一般の方や、医療機関に勤務されている方を対象に、定期的に公開講座を開催しております。

今回は「大腸がん治療の最前線」と題して講演を行います。

事前申込の必要はありませんので、直接会場へお越しください。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。


信州大学医学部附属病院信州がんセンター公開講座  「大腸がん治療の最前線」
    
   講   師 消化器外科  北沢将人 先生          
   開 催 日 平成28年2月4日(木)
   開催時間 18:00~19:00 ( 開場 17:30 )
   開催場所 信州大学医学部附属病院 外来棟4階 大会議室
   参加対象 一般の方、医療関係者
   予   約 事前予約不要
   費   用 参加費無料(病院の駐車場代は別途必要になります)
    内容紹介
    2015年のがん罹患予測(男女合計)では、大腸がんは胃がん、肺がんを抜き1位に上昇し、
   最も罹患しやすいがんになりました。また、女性のがんの死亡数の1位、男性では3位を占め、
   その死亡者数は年々増加し、1980年頃と比較し、男性3.6倍、女性では3.1倍になっています。
   
    一方、近年の大腸がんの治療は急速に進歩しています。新しい抗がん剤および分子標的薬
   の登場によりその治療成績は飛躍的に向上し、内視鏡的治療や腹腔鏡手術の進歩により、低
   侵襲な治療が可能となっています。
   
    当院で行っている内視鏡治療、手術治療、抗がん剤治療について最新の情報も含めて、
   紹介いたします。
   お問い合せ先 信州大学医学部附属病院 医療支援課 医療連携係
             TEL:0263-37-3391 FAX 0263-37-2854
              E-mail sca@shinshu-u.ac.jp


※ポスターはこちらからもご覧になれます(pdf/135KB)。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ