トップ > ニュース&トピックス > 信州大学病院救護班 熊本地震被災地へ

ニュース&トピック

信州大学病院救護班 熊本地震被災地へ

救護班を派遣しました 救護班を派遣しました

信州大学医学部附属病院では、このたびの熊本地震発生に伴い、長野県からの要請により、被災地へ救護班を派遣することになりました。

4月22日(金)、医師1名・看護師2名・薬剤師1名・事務員1名からなる救護班に対して、病院南口で出発式が行われ、病院長の激励のあいさつ後、各メンバーが医療活動に対する決意を述べ、被災地熊本へ向かいました。

救護班は23日(土)早朝から25日(月)までの3日間、現地で医療支援活動に当たり、26日(火)に帰院する予定です。

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ