トップ > ニュース&トピックス > 東北大学と信州大学との共同研究について大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の症状を引き起こすメカニズムを解明

ニュース&トピック

東北大学と信州大学との共同研究について
大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の症状を引き起こすメカニズムを解明

(図1)AhR活性化によるアトピー性皮膚炎発症・増悪メカニズム

※本この成果は2016年11月21日(日本時間22日午前1時)以降に英国科学雑誌
「Nature Immunology」のオンライン版で公開されました。

東北大学大学院医学系研究科の日高高徳医員(医化学分野・皮膚科学分野)、小林枝里助教(医化学分野)、山本雅之教授(医化学分野・東北メディカル・メガバンク機構 機構長)らが中心となり、本学皮膚科学教室の奥山隆平教授らも参加している共同研究において大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の諸症状を引き起こす仕組みの一端を解明しました。

これまで、大気汚染とアトピー性皮膚炎の患者数や重症度に相関があることが知られていましたが、その理由は不明でした。今回の成果により、大気汚染物質が転写因子※1(AhR)を活性化させることで神経栄養因子※2(artemin)を発現させ、皮膚表面の表皮内へ神経が伸長し、過剰に痒みを感じやすい状態を作り出すことがわかりました。過剰な痒みにより皮膚を掻いてしまうことで皮膚バリアが破壊され、皮膚から多くの抗原が侵入してアレルギー性皮膚炎を引き起こすと考えられます(図1)。

本研究の結果は、これまでアトピー性皮膚炎の治療に対症療法的に使われてきたステロイド剤などに加えて、AhRの活性を抑える化合物や、arteminの働きを抑える物質をアトピー性皮膚炎の治療薬として利用できる可能性を示しています。この成果は2016年11月14日(日本時間15日午前1時)以降に英国科学雑誌「Nature Immunology」のオンライン版で公開されます。

転写因子※1:DNAに結合して遺伝子の発現を制御するタンパク質。
神経栄養因子※2:神経の生存や成長、分化を促すタンパク質の総称。

東北大学のHPはこちら
英国科学雑誌「Nature Immunology」の掲載記事こちら

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ