トップ > ニュース&トピックス > 公開講座

ニュース&トピック

公開講座

12/9 がん総合医療センター公開講座が開催されます。

信州大学医学部附属病院は、長野県における都道府県がん診療連携拠点病院として指定されています。



その活動の一環として、がんに関する様々な診断方法や治療方法について理解を深めていただくために、
医療従事者を中心とするがん診療連携拠点病院職員や関心のある一般の方を対象に、定期的に公開講座を開催しております。



今回は、「消化器疾患の早期診断と内視鏡治療」と題して講演会を開催いたします。

健康診断の受け方から、カプセル治療・内視鏡的早期がん治療などの内視鏡診療の最先端までについて、講演を行います。


事前申込の必要はございませんので、お気軽に、直接会場までお越しください。

11/8 信州大学医学部講演会「山極勝三郎記念 長野がん哲学外来」の時代的到来 のご案内


信州大学医学部及び附属病院では、平成23年11月8日に一般の方や医療関係者の方を対象に、講演会「山極勝三郎記念 長野がん哲学外来」の時代的到来 を開催いたします。


講師には、カフェを利用した「がん哲学外来」を開設し、患者さんやご家族と向き合った治療を行っていらっしゃる、順天堂大学医学部病理・腫瘍学講座 教授 樋野興夫 先生をお迎えします。


事前申し込みは必要ありませんので、直接会場までお越しください。
多くの方のご参加をお待ちしております。

11/27 市民公開セミナー「がんになったら、緩和ケア」開催のお知らせ

信州大学医学部附属病院は、長野県における都道府県がん診療連携拠点病院として指定されています。


このたび、信州大学医学部附属病院をはじめとする「がん診療連携拠点病院」では、平成23年11月27日(日)に、一般の方や医療関係者の方を対象に、市民公開セミナー「がんになったら、緩和ケア」を開催します。


「緩和ケア」は、がんによって生じる心や体の苦痛を取り除き、自分らしい生活を送るための医療です。
県内のがん診療連携拠点病院の先生方や、埼玉医科大学精神腫瘍科の大西秀樹先生をお迎えし、緩和ケアについてご講演いただきます。
緩和ケアについて、みなさん一緒に考えてみませんか?


事前申し込みは必要ありませんので、直接会場までお越しください。
多くの方のご参加をお待ちしております。

10/8 信大肝移植患者会を開催します。


平成23年10月8日(土)に、信州大学医学部附属病院外来棟4階大会議室において、信大肝移植患者会が開催されます。


今回は、「肝移植後にみられる悪性腫瘍?早期発見の重要性?」というテーマで講演会を行います。


皆様のご参加をお待ちしております。

10/8 第20回信大りぼんの会を開催します

信州大学医学部附属病院では平成23年10月8日(土)に、今回で20回目となる信大りぼんの会を開催します。


りぼんの会は乳腺疾患の患者会として2000年の5月に発足しました。
乳がんのことを知りたい方、これから治療を受ける方、現在治療をされている方、経過観察中で通院をしている方など、様々な方が集まり、年に1~2回ほど活動しています。
関係者のコミュニケーションの場として各テーマごとの情報交換や、乳腺に関すること・形成外科のこと・リハビリのことについて医師による講演会を開催しています。

<< 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ