トップ > ニュース&トピックス > 公開講座

ニュース&トピック

公開講座

7/8 がん総合医療センター公開講座が開催されます

放射線被ばくと発がん性
信州大学医学部附属病院は、長野県における都道府県がん診療連携拠点病院として指定されています。


その活動の一環として、がんに関する様々な診断方法や治療方法について理解を深めていただくために、
医療従事者を中心とするがん診療連携拠点病院職員や関心のある一般の方を対象に、定期的に公開講座を開催しております。


今回は、「放射線被ばくと発がん性」と題して講演会を開催いたします。
事前申込の必要はございませんので、お気軽に、直接会場までお越しください。

7/5 第9回臨床試験センター公開セミナーが開催されます

第9回公開セミナーを開催します

信州大学医学部附属病院臨床試験センターでは、医療関係者を対象に9回目となる公開セミナーを開催いたします。


今回は、名古屋市立大学大学院薬学研究科の頭金正博教授をお迎えして、下記の要領で講演会を開催いたします。


日本における臨床研究の現状と、新たな展開を考えてみませんか?
各方面からの多数のご参加をお待ちしております。

9/23・24 緩和ケアセミナーを開催します

緩和ケアセミナー2011が開催されます信州大学医学部附属病院は長野県における「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されています。


がん診療連携拠点病院として、がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修を毎年定期的に行うことを使命としております。
厚生労働省の、がん対策推進基本計画では、「全てのがん診療に携わる医師が研修等により緩和ケアについての基本的な知識を習得する」ことが目標に掲げられており、本院をはじめとする県内の各がん診療拠点病院で「緩和ケア研修会」を開催しております。


今年度、本院では平成23年9月23日(金)・24日(土)に緩和ケアセミナーin信州大学医学部附属病院2011を、がん医療に携わる医師・コメディカルを対象に開催いたします。

復帰支援講習会を開催します

復帰講習会の様子信州大学医学部附属病院は、結婚や出産・育児などにより、現場からしばらく離れていた看護師の方々を対象に、臨床現場に安心して復帰していただくための「復帰支援講習会」を開催しております。


信州大学医学部附属病院に看護師として就職を考えているけれど、現場を離れている期間があり不安を抱えている方々のご参加をいただいております。


参加を希望される方は、続きを読むより内容をご確認の上、お申込みください。

7/2 第33回腎臓病教室が開催されます

第33回腎臓病教室が開催されます信州大学医学部附属病院では、2000年10月から、保存期慢性腎不全の病態と治療について腎臓病教室を開き、2001年11月の第4回以降は、保存期慢性腎不全の患者さん及びそのご家族を対象として、低蛋白食の調理実習を行って参りました。


今回第33回目は「低蛋白食の献立作り(調理実習)」と題して調理実習を中心とした腎臓病教室を下記のとおり開催しますので、ご参加希望の方は、往復はがきにてお申し込みください。

<< 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ