トップ > ニュース&トピックス > 公開講座

ニュース&トピック

公開講座

9/24・10/22 肝炎医療従事者等研修会のご案内

肝炎医療従事者研修会を今年も開催します

信州大学医学部附属病院肝疾患診療相談センターは、今年も肝炎医療従事者等研修会を平成22年9月24日(金)、信州大学医学部附属病院外来棟4階大会議室と、平成22年10月22日(金)長野県県民文化会館(ホクト文化ホール)にて、2通りの日程で開催します。


多数の医療関係者の方々のご参加をお待ち申し上げます。


本研修会につきましては、肝疾患診療相談センターHPでもご案内しております。
是非ご覧ください。

7/31市民公開講座がんのワクチン療法-樹状細胞療法の現状と展望-

市民公開講座を開催します
信州大学医学部附属病院近未来医療センター分子細胞診療室は、がんのワクチン療法-樹状細胞療法の現状と展望-と題して、市民公開講座を7月31日(土)に病院外来棟4階大会議室にて開催いたします。


がんの新しい治療法として、信州大学医学部附属病院では2008年秋より樹上細胞療法による治療を開始しています。


この機会に樹状細胞療法の現状と展望を、一緒に考えてみませんか?


参加は無料です。(事前のお申込が必要です)
ぜひご参加ください。


詳細は続きを読むよりご確認ください。

7/25 市民公開講座「肝炎と肝がんを撲滅するために」を開催します

7月25日(日)市民公開講座「肝炎と肝がんを撲滅するために」を開催します

信州大学医学部附属病院肝疾患診療相談センターは、平成22年度「肝がん撲滅運動」の一環として、7月25日(日)に市民公開講座「肝炎と肝がんを撲滅するために」を飯田市鼎公民館(鼎文化センター)において開催いたします。


この機会にウイルス肝炎や肝がんについて一緒に考えてみませんか?
参加費は無料、事前のお申込も不要です。
市民の皆さんや医療関係者の方の幅広いご参加をお待ちしております。


詳細は続きを読むよりご確認ください。

7/31 第18回信大りぼんの会を開催します

第18回信大りぼんの会を開催します
信州大学医学部附属病院では平成22年7月31日(土)に、今回で18回目となる信大りぼんの会を開催します。


りぼんの会は乳腺疾患の患者会として2000年の5月に発足しました。


りぼんの会は、乳がんのことを知りたい方、これから治療を受ける方、現在治療をされている方、経過観察中で通院をしている方など、様々な方が集まっています。

6/26市民公開講座「肝移植の現状と将来展望」開催のお知らせ

市民公開講座「肝移植の現状と将来展望」開催のお知らせ


平成2年6月19日に信州大学で開始した生体肝移植も、今年で20年を迎える事になりました。


生体肝移植は開始当初は緊急避難的医療と位置づけられておりましたが、現在では保険の適用も認められ、わが国の肝移植の99%を担う状況になっています。当院第一例目の患者はわが国での生体肝移植術後最長生存例となっているところです。


そこで今回、わが国の肝移植の現状について広く市民の皆様に理解して頂くとともに、今後の肝移植についてもう一度考えて頂くために、市民公開講座(入場無料、事前申込)を開催することとなりました。
聴講を希望される方は、「続きを読む」をクリックして詳細をご覧ください。

<< 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ