トップ > ニュース&トピックス > 診療案内

ニュース&トピック

診療案内

患者さんへの新型インフルエンザワクチン接種について

信州大学医学部附属病院では、外来患者さんの新型インフルエンザワクチン接種予約は現在行っていません。 ■基礎疾患を有する最優先接種者に該当する方 本院へ配布されるワクチン数が極端に少なく、接種できる外来患者数が非常に限られ、予約により混乱を生じると判断しました。 本来であれば、優先接種の対象者となる基礎疾患を有する患...

大学病院が専門医による訪問診療を始めました

開所式の様子、挨拶をする小宮山学長

信州大学医学部附属病院は、平成21年6月1日に難病訪問診療センター(以下は訪問診療センターと略します)を開設しました。


吉田センター長より、センターの紹介や利用方法などをQ&A方式で説明いたしております。


このたび長野県の支援を受けて、平成21年6月1日に信州大学医学部附属病院難病訪問診療センター(以下は訪問診療センターと略します)が開所されました。
開所式、その後の祝賀会では村井仁長野県知事、大西雄太郎長野県医師会長、小宮山淳信州大学長など多くの来賓の方々にご出席頂き、激励のお言葉を頂きました。
訪問診療センターの実際の活動内容をQ & A形式でご紹介致します。


Q1 どういう患者さんが訪問の対象になりますか?
A1 対象は、特定疾患受給者証をお持ちの患者さんで長野県内に在住の方です。特定疾患とは国が指定した“難病”で、医療費が国庫補助の対象となる疾患です。現在、45疾患が指定されています。
具体的には、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病などの神経疾患、全身性エリテマトーデスや強皮症などの膠原病、などです。平成19年度の集計によれば、長野県内には45疾患で計10,225名の患者さんがおられます。
この中で実際に訪問診療の対象となるのは主として神経疾患ではないかと思います。
このことは平成19年6月1日に開設された長野県難病相談・支援センターの相談実績からも明らかです。
神経疾患は徐々に進行していく運動障害、発語・嚥下・呼吸障害、認知機能障害などのために患者さん本人のみならず、介護するご家族の肉体的、精神的、経済的な負担が大きいからです。

肝炎パスポート発行のお知らせ

肝炎パスポートが発行されました
信州大学医学部附属病院、肝疾患診療相談センターは、この度、『肝炎パスポート』を作成・発行いたしました。


この肝炎パスポートの目的は、診療ネットワークの中で新しい情報を提供したり、専門医療機関やかかりつけ医の相談に応じ診療の手助けをし、治療が円滑に行えるようにすることです。


肝炎パスポートは患者さんとかかりつけ医の先生および専門医の先生との橋渡しをするものです。
日々の検査を記録し、病気の長い経過を一目で見られるようになっており、診療の手助けとなるように作られています。
大きさは患者さんが持ち運びしやすいようにB5判としました。


詳しくは続きを読むよりご確認ください。

新しい外来診療棟のお知らせ

新外来棟案内、こちらからもpdfファイルへジャンプできます

信州大学医学部附属病院は5月の連休明けより、いよいよ新外来棟での診療を開始いたします。


新外来棟の診療科配置などにつきましては、こちらのpdfファイル(およそ221kb)にまとめましたので、ぜひご一読ください。

再診予約について

平成21年2月5日より、次の診療科を受診されている方で、外来診療の予約変更を希望される場合は、「外来予約センター」にてお電話を承ります。 お手元に受診カードをご用意ください。 なお、予約日に腹部超音波検査、CT、MRIなどの予定があるときには、変更をお受けできない場合もありますのであらかじめご了承ください。 受...
<< 1  2  3  4  5  6  7

ニュース&トピック トップ

▲このページの先頭へ