トップ > 病院概要 > 沿革

病院概要

沿革

                                                              
昭和19年3月松本医学専門学校設置
昭和20年6月長野県からの寄付により市立松本病院(鷹匠町)を松本医学専門学校附属医院として開院、内科、外科、産婦人科、皮膚泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、小児科、物療科を置く
市立松本病院附設看護婦講習所も同時に移管
昭和23年2月松本医科大学設置
昭和24年5月国立学校設置法の施行により信州大学が設置され、松本医学専門学校及び松本医科学大学は信州大学に包括された
松本医学専門学校附属医院を信州大学医学部附属病院に改称
昭和25年3月第二外科及び神経科設置
昭和26年4月第二内科及び放射線科増設
物療科を中央レントゲン部と物療室に分離
昭和28年8月眼科及び耳鼻咽喉科を旭町構内に移転
昭和31年4月整形外科増設
昭和33年10月第一内科、第二内科及び事務部を旭町構内に移転
昭和35年8月第一外科、第二外科、産婦人科、小児科、皮膚泌尿器科及び放射線科を旭町構内に移転
中央検査部設置
昭和37年4月皮膚泌尿器科を皮膚科及び泌尿器科に分離増設
薬局を薬剤部に改称
昭和38年4月中央手術部増設
昭和39年4月事務部に部長制が実施され、管理課及び業務課の二課を置く
昭和40年4月歯科増設
昭和41年4月輸血部増設
昭和42年6月麻酔科及び中央材料部増設
神経科を精神科神経科に、産婦人科を産科婦人科に改称
昭和44年4月順応内科増設
昭和47年5月第三内科及び分娩部増設
昭和48年4月集中治療部増設
昭和49年10月透析治療部増設
昭和50年4月中央放射線部増設
10月歯科を歯科口腔外科に改称
昭和51年5月看護部設置
昭和52年4月事務部に総務課、管理課及び医事課の三課を置く
10月脳神経外科増設
昭和53年4月形成外科増設
昭和55年4月救急部増設
昭和58年4月順応内科を廃止し、老年科増設、理学療法部増設
昭和61年4月医療情報室設置及び病院業務の電算化開始
平成元年4月麻酔科を麻酔科蘇生科に改称
平成2年4月栄養管理室設置
6月人工腎臓部増設
国内3例目の生体部分肝移植手術施行
医学部及び附属病院の事務部を一元化し、医学部事務部(総務課、管理課、学務課及び医事課)を置く
平成6年7月特定機能病院の名称承認
平成7年4月光学医療診療部増設
平成8年5月遺伝子診療部増設
平成9年4月医療情報部増設
平成10年7月感染制御室増設
平成11年3月脳死肝移植の国内第1例目手術施行
4月総合遠隔診療室増設
平成13年4月医療福祉支援センター、治験管理センター、安全管理室増設
平成14年4月子どものこころ診療部増設、卒後臨床研修センター設置
11月診療科改称
第一内科、第二内科、第三内科を内科、老年科を加齢総合診療科、第一外科、第二外科を外科、歯科口腔外科を特殊歯科・口腔外科
診療施設等改称
中央検査部を臨床検査部、理学療法部をリハビリテーション部、人工腎臓部を血液浄化療法部、光学医療診療部を内視鏡診療部
平成15年9月安全管理部設置
平成16年4月国立大学法人法により、信州大学は、国立大学法人信州大学が設置する国立大学とされた
医学部事務部が改組され、医学部事務部(庶務課、学務課)、附属病院事務部(総務課、経営企画課、医事課)となった
6月(財)日本医療機能評価機構における評価の認定
10月診療録管理室設置
平成17年4月通院治療センター、先端心臓血管病センター設置
10月救命救急センター及び医療用電子機械管理センター設置
11月先端医療推進センター設置
平成18年1月栄養サポートチーム(NST)設置
4月がん総合医療センター設置
7月移植医療センター及び臨床栄養部設置
9月人工内耳センター設置
12月先端細胞治療センター設置
平成19年3月臨床試験センター設置
4月高度救命救急センター設置
9月呼吸器センター設置
平成20年6月先端予防医療センター設置
9月胸痛センター設置
10月肝疾患診療相談センター設置
平成21年5月患者図書室(こまくさ図書室)設置
6月救急科設置
難病訪問診療センター設置
(財)日本医療機能評価機構による評価の認定(更新)
平成22年3月内視鏡センター設置
4月病床数の増(700床から707床)
生殖医療センター設置
人工聴覚器学講座(寄附講座)設置
7月加齢総合診療科(内分泌代謝内科)を糖尿病・内分泌代謝内科に改称
呼吸サポートチーム設置
8月先端医療推進センターを近未来医療推進センターに改組
平成23年4月難病訪問診療センターを難病診療センターに改組
不整脈先端治療学講座(寄付講座)設置
閉塞性動脈硬化症先端治療学講座(寄付講座)設置
経営企画課を企画マネジメント課に改組
10月信州ドクターヘリ松本が配備される
平成24年12月遠隔操作型内視鏡下手術装置(da Vinci サージカルシステム)の運用開始

平成25年4月難病診療センター鹿教湯病院医療教育センターを鹿教湯病院内に設置
信州がんセンター開設
6月成人先天性心疾患センター設置
11月総合診療科設置
おひさま保育園設置
平成26年4月企画マネジメント課を経営管理課に改組
医療支援課設置
組織移植再生医療センター設置
5月(財)日本医療機能評価機構による評価の認定(更新)
6月糖尿病サポートチーム設置
10月 臨床試験センターを臨床研究支援センターに改組
病院玄関へ路線バスの乗り入れ開始
平成27年4月呼吸器・感染症内科を呼吸器・感染症・アレルギー内科に改称
補助人工心臓診療チーム設置
口腔・嚥下ケアチーム設置
8月病理診断科及びリハビリテーション科設置
ドクターヘリによる新生児搬送を開始
9月立体駐車場が完成・稼動
11月医学教育研修センター設置
平成28年4月経営推進部門設置
▲このページの先頭へ