トップ > 患者さんへ > 先進医療について

患者さんへ

先進医療について

先進医療とは、厚生労働省が医療行為として未だ保険診療にいたらない先進的な医療技術について、安全性、有効性等を確保するために、医療技術毎にスタッフ、実績、医療安全等の定められた基準を満たす医療機関に対して、保険診療との併用を認める制度です。
この制度は、保険診療とは別に先進医療費(自費料金)をご負担いただくことになりますが、診察・投薬・検査・入院料などは保険診療の取扱いとなります。
先進医療実施のご相談は、各診療科の医師へお尋ねください。
詳しくは、厚生労働省のホームページ をご確認ください。

(例)医療費の総額が100万円であり、そのうち先進医療費用が20万円の場合

本院で承認を受けている先進医療

1.神経変性疾患の遺伝子診断

診療科 遺伝子医療研究センター
適応症 脊髄小脳変性症、家族性筋萎縮性側索硬化症、家族性低カリウム血症性周期性四肢麻痺又はマックリード症候群
費用 36,800円

2.ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法

診療科 信州がんセンター、呼吸器・感染症・アレルギー内科
適応症 肺がん(扁平上皮肺がん及び小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る。)
費用 1,137円

3. コレステロール塞栓症に対する血液浄化療法

診療科 腎臓内科
適応症 コレステロール塞栓症
費用 0円
▲このページの先頭へ