トップ > 患者さんへ > 診療のご案内 > 海外渡航者ワクチン外来のご案内

診療のご案内

海外渡航者ワクチン外来のご案内

近年はグローバル化が進み、非常にたくさんの方が海外に渡航されます。海外には国内とは違った感染症もあり、医療状況も異なるため予防が重要となります。本外来は旅行や留学、赴任などで海外に滞在される方の感染症予防のためのワクチン接種を主な目的とした専門外来です。感染症を専門とする医師が安心できる海外渡航をサポートします。お気軽にご相談ください。

業務内容
  1. 渡航前・帰国後ワクチン(定期接種を除く)の相談、接種
  2. 渡航中に必要なマラリア予防薬の処方
  3. 留学やビザ取得に関する証明書発行
  4. 渡航時健康診断(血算・生化学検査、心電図、胸部レントゲンなど)
  5. 渡航先の医療情報の提供
お問い合わせ先

電話番号:0263-37-3475(海外渡航者ワクチン外来専用電話)
※海外渡航者ワクチン外来の予約申し込みであることをお伝え下さい。
受付時間:平日 (土曜・日曜・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
           13:00~16:00

受診方法について

対象の方

海外出張や赴任、留学等のために海外渡航を予定されている方。(短期滞在を含む)
(原則として未就学児童のワクチン接種は行いません)

診療日時・場所

■診療日時
毎週火曜日(土曜・日曜・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
13:00~16:00 ※完全予約制

■診療場所
呼吸器・感染症・アレルギー内科外来(南2階)

予約受付・変更方法など

■予約受付・変更方法
下記の専用電話番号でのみ受付いたします。(窓口での受付は行っておりません)

■受付時間
平日 (土曜・日曜・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
13:00~16:00

■予約・変更受付電話番号
0263-37-3475 (海外渡航者ワクチン外来専用電話)
※海外渡航者ワクチン外来の予約申し込みであることをお伝え下さい。

■当日の必要書類等
・健康保険証
・受診カード(再診の場合)
・母子手帳をお持ちの方はご持参ください

※完全予約制となっておりますので、希望される方は必ず上記の専用電話番号にて予約された上でご来院ください。
  初診の方は、なるべく余裕を持って出発の1か月以上前にご予約をお願いいたします。
  予約の変更や取り消しはお早めにご連絡ください。
  電話での対応は事務員が行いますので、電話での詳細な相談はご返答できません。

料金について

診察料、文書料など

当外来で実施する診療は、全て「自費診療」となります。
診察、検査、文書、ワクチン接種など、ワクチン接種のために実施した項目の合算が請求額となります。
■診察料
1回目の診察(初診)時:4,970円
2回目以降の診察(再診)時:788円
■渡航時健康診断
検査項目に応じて、診療報酬請求に準じた料金が必要となります。
■文書料
渡航外来に係る証明書・診断書:5,400円
※ 証明書の発行には2~3週間程かかります。

ワクチン接種料
国内承認品
種別 料金
日本脳炎ワクチン 6,190円
風疹ワクチン 5,010円
麻疹ワクチン 5,020円
水痘ワクチン 7,060円
おたふくかぜワクチン 5,200円
不活化ポリオワクチン 9,940円
破傷風トキソイド 3,100円
B型肝炎ワクチン(0.5ml) 4,960円
A型肝炎ワクチン 6,820円
風疹麻疹混合ワクチン 8,930円
狂犬病ワクチン 12,310円
髄膜炎菌4価ACWYワクチン 25,530円
輸入品
   
種別 料金
A型肝炎ワクチン(Havrix)成人用 12,730円
A型肝炎ワクチン(Havrix)小児用 11,630円
腸チフスワクチン(Typhim Vi) 8,830円
狂犬病ワクチン(Verorab) 12,330円
三種混合ワクチン
(ジフテリア、破傷風、百日せき)
(Tdap Boostrix)
9,530円
マラリア予防薬
  • メファキン錠:2週間の場合、およそ8,000円(8錠)
  • マラロン錠:2週間の場合、およそ12,500円(22錠)

※ ワクチンの納入価に伴い、ワクチンの料金は若干変更になる場合もあります。
※ ワクチン接種料以外に、別途診察料が発生致します。

その他の注意事項

ご予約の前に
  • 接種するワクチンは担当医師と相談のうえ、決めさせていただきます。
  • ワクチンによっては複数回の接種が必要です。
  • 接種が必要な回数、有効期間等は、担当医師にお問い合わせください。
  • 渡航先や渡航までの日程により輸入ワクチンをおすすめすることもあります。
  • 当院では黄熱ワクチン・コレラワクチン・ダニ脳炎ワクチンの接種はできません。
輸入ワクチンについて

国内では承認されておりませんが、海外では一般的に使用されているワクチンです。安全性は国内承認ワクチンと大きな違いがありませんが、万が一、重大な副作用があっても医薬品副作用被害救済制度が適用されません。ただし、輸入業者による輸入ワクチン被害救済保証制度が設けられています。
ご不明な点はお気軽にご相談ください

安全に健康に海外で過ごすための現地情報
▲このページの先頭へ