トップ > 患者さんへ > セカンドオピニオン外来のご案内

患者さんへ

セカンドオピニオン外来のご案内

セカンドオピニオン外来の目的

信州大学医学部附属病院は、「診療・教育・研究を遂行する大学病院としての使命を有し、また病める人の人権を尊重した先進的医療を行うとともに、次代を担う国際的な医療人を育成する」という病院理念のもとに診療を行っておりますが、その一環としてセカンドオピニオン外来を開設しております。
セカンドオピニオン外来では、本院以外の主治医におかかりの患者さんを対象に、診断内容や治療法に関して本院の専門家の意見・判断を提供いたします。その意見や判断を、患者さんがご自身の治療に際しての参考にしていただくことが目的です。患者さんからのお話や主治医からの資料の範囲で判断することになります。診察および新たな検査や治療は行いません。
セカンドオピニオンは現在の診断・治療に関しての意見を提供することが本来の目的ですので、主治医からの情報提供書が必要です。なお、本院のセカンドオピニオン外来ではその場で本院への転院をお勧めすることはありません。本院への転院をご希望の場合には、セカンドオピニオン外来の対象にはなりません。本院の一般外来を受診してください。

相談の対象となる方

ご本人の相談を原則といたしますが、患者さんの同意書をお持ちになればご家族だけでも相談が可能です。
なお、患者さんが未成年の場合には、続柄を確認できる書類(健康保険証等)をお持ちください。

相談の内容の具体例及び診療科名

以下に例をお示ししますが、ここに掲載されていない疾患や治療に関しても相談は可能です。ご連絡の相談内容について、本院の外来担当医が予め判断したうえで、セカンドオピニオン外来相談の可否を決定いたします。内容によってはセカンドオピニオンの提供をお断りする場合もございますので御了承ください。

(例)
  1. 外科的治療法と内科的治療法で迷われているとき
    • ①悪性疾患(がん)に対する手術と化学療法や放射線療法
    • ②心臓疾患における手術とカテーテルによる処置
    • ③慢性関節リウマチにおける薬物治療と人工関節手術の関係
  2. 現在の治療法に不安を感じるとき
    • ①膠原病などの自己免疫疾患
    • ②アトピー性皮膚炎や乾癬などの慢性皮膚疾患
    • ③先天性代謝疾患など小児難病
    • ④ネフローゼなどの腎臓病
    • ⑤白血病などの血液疾患
    • ⑥パーキンソン病、筋萎縮症などの神経内科疾患
    • ⑦肝臓病など成人疾患
    • ⑧結核、肝炎などの難治性の感染性疾患
  3. 外科的手術を受けるように勧められているとき
    • ①関節手術や脊椎脊髄手術
    • ②未破裂動脈瘤の処置方法
    • ③大血管置換術など血管外科手術
    • ④白内障や人工中耳など眼科・耳鼻科手術
    • ⑤肝臓移植、腎移植をはじめとする移植手術
    • ⑥ケロイドの治療など形成外科手術
      ※ここに掲載されていないケースも、ご相談に応じます。
  4. 相談対応診療科

    呼吸器・感染症内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、腎臓内科、脳神経内科、リウマチ・膠原病内科、小児科、皮膚科、放射線科、消化器外科、移植外科、小児外科、心臓血管外科、乳腺・内分泌外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、特殊歯科・口腔外科、泌尿器科、眼科、産科婦人科、麻酔科蘇生科、形成外科、臨床検査部、内視鏡診療部、遺伝子診療部、糖尿病・内分泌代謝内科、信州がんセンター、耳鼻いんこう科

    ※精神科、子どものこころ診療部、リハビリテーション部は未対応です。

相談が不可能な場合

  • ご本人とそのご家族以外は相談できません。(ご本人、ご家族の同席のもとでは家族以外が相談することもできます。)また、ご家族でもご本人の同意書をお持ちでない場合には相談できません。
  • 主治医に対する不満、転医希望、医療事故に関する相談には応じられません。
  • 相談内容によってセカンドオピニオン外来よりも一般外来の受診のほうがよいと判断される場合には、別途一般外来の受診をお勧めします。

相談時間および料金

  • セカンドオピニオン外来は自由診療(自費)で行われます。健康保険は使えませんのでご了承ください。
  • 事前にお預かりした資料を担当医師があらかじめ十分に検討した上でご相談をお受けいたしますので、面談時間は1件について1時間以内とさせていただきます。
  • 相談を担当する医師は、本院の医師のなかから、専門性を考慮して当方で決定いたします。
  • 患者さんへの説明書、紹介状を書いていただいた主治医へのご報告書の作成費を含め、費用は32,400円(税込み)です。
  • 相談は完全予約制です。お申し込みを戴いたのちに、当方から相談日をご連絡いたします。
  • お問い合わせ、御予約には料金はかかりません。キャンセルも可能です。ご相談が終了したあとにお支払いいただきます。

相談までのながれ

  1. お電話にて、信州大学医学部附属病院医療福祉支援センター内のセカンドオピニオン外来専用受付(0263-37-3111)にご連絡ください。受付時間は、平日の9時から16時までとなります。事務担当者が概略を伺った後、ご希望の場合は「セカンドオピニオン外来のご案内」「セカンドオピニオン外来申込書」をお送りいたしますので、申込書に内容をご記入の上、本院医療福祉支援センターあてにFAXもしくは、郵送にて返送してください。
  2. 主治医に「セカンドオピニオン外来診療情報提供書」を作成していただいてください。
  3. 主治医に書いていただいた「セカンドオピニオン外来診療情報提供書」を郵送にてお送りください。
  4. 「セカンドオピニオン外来申込書」と「セカンドオピニオン外来診療情報提供書」に基づき、セカンドオピニオン外来担当者が各専門診療科に予め相談内容を打診し、相談日を決定し、相談日をご連絡します。
  5. 主治医からの資料で送付可能なものはできるだけ相談の2~3日前までに本院医療福祉支援センターまでお送りください。
  6. 相談当日は、医療福祉支援センターにお声をおかけください。本院内の相談室にご案内いたします。
  7. 相談後、患者さんへの説明書、主治医へのご報告書をお受け取りののち、医事課会計窓口で会計をお願いいたします。

相談に際して必要なもの

  • 相談者がご本人以外の場合は「相談委託同意書」、ただし、患者さんが未成年の場合は患者さんとの続柄を示す書類(たとえば健康保険証)で可。
  • できる限りの検査資料をお借りしてお持ちください。送付可能な資料は相談予定日の2~3日前までにお送りください。あらかじめお送りいただいた場合は、当日持参不要です。
    • 血液検査の結果
    • 超音波検査の結果と画像
    • レントゲン検査、MRI検査、CT検査の実物フィルムあるいはCD
    • 病理検査の標本、報告書など
  • 注意
    • 主治医からの情報や検査資料の提供がない場合には一般的なお話しかできず、有効なセカンドオピニオンは提供できませんので、情報提供書、検査資料を必ずお持ちください。
    • 自由診療と保険診療の混合診療は禁止されていますので、セカンドオピニオン外来で相談した当日には本院の一般外来の予約はお取りいただけません。

ご連絡先

受付時間:平日 午前9時から午後4時
〒390-8621 長野県松本市旭3丁目1-1
信州大学医学部附属病院医療福祉支援センター内 セカンドオピニオン外来受付担当
TEL 0263-37-3111(直通)
FAX 0263-37-3371

医療関係者の方へ

セカンドオピニオンを受ける際に必要となる書類と初診予約方法は病院関係者の方へから確認することができます。

システム図

▲このページの先頭へ