研修理念

臨床研修は、医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に付けることのできるものでなければならない。(厚生労働省 医師法第16条の2第1項に規定する臨床研修に関する省令の施行についてより)

信州大学医学部附属病院 臨床研修の理念

研修医各人の自主性を尊重し、各人のキャリアプランに応じたオーダーメイドな研修を提供する。同時に、将来の専門性を見据えて基本的な臨床能力・手技・プロフェッショナリズムの習得を支援する。

POINT1 将来に繋がる研修

将来に繋がる研修とは、キャリア形成の近道である専門医のキャリアを早く的確に作れるということです。信州大学とたすきがけ病院 両方を経験できるので、県内で活躍するスペシャリストとの人脈ができます。
後々人脈としても大きな存在となる同期たちとも、たくさん出会えるのです。
長野県内のいずれの病院で初期研修を受ける場合でも、最初のガイダンスは信州大学医学部附属病院に集結します。
多くの研修や研究発表が日々行われ、多くの医師、研修医が出入りし、切磋琢磨できる環境があります。

後期研修へシームレスに移行できるので、専門医資格を早く取得できることも大きなメリットと言えると思います。
まだ目指す専門医が決まっていない方も、可能性を見つける環境があります。
ほぼ全ての専門医師資格取得への道が開かれていますので、初期・後期の研修でじっくり道を探ることもできるのです。
可能性を探る意味でも、定期的に クルズス・セミナーが行われます。実にバリエーションに富んでおり、2年間ワンサイクルで、一つとして同じ講義はない刺激的なものです。提供される多くの機会を活かし、一歩ずつ確実に、将来に向かって歩んで欲しいと思います。

初期研修から信州大学で学ぶメリットはたくさんありますが、キャリア形成の面でも大きくバックアップしてあげられることは信州大学卒後臨床研修センターの第一の理念です。

POINT2 基礎的臨床能力の習得

初期研修の2年間で求められる基礎的臨床能力とは、端的にいうと、電車や飛行機内で急病人が出て、「どなたかお医者様はいらっしゃいませんか?」と言われたとき自信をもって「ハイ」と名乗り出ることができることです。

プライマリケアという言葉を最近よく耳にしているかと思いますが、プライマリケア医、総合診療医というのもひとつの専門医です。2年間の研修で家庭医、総合医になれるわけではありません。

研修医の皆さん一人一人の将来設計(どのような専門医となるか)を踏まえて、モチベーションが持続する充実した研修をしていただくために、自分自身に最適なプログラムを自分自身で考えていただきます。
しかし、決して自由・放任で好きにやらせるというわけではありません。
一人一人とよく相談しながら確実に目標に到達出来るよう、必要なアドバイスも行いながら各人に最適なオーダーメイドのプログラムを作ります。
信州大学卒後臨床研修センターでは、基礎的臨床能力を確実に身につけ、自信をもって次のステップに進んでいただけることを第2の理念としています。

POINT3 プロフェッショナズムの養成

将来どのような環境にあっても自学自習し最善の医療を提供できるようになること。
命を助けるための努力を惜しまないこと。患者・社会に対して誠実であること。
医者としてあるべき人格・プロフェッショナズムを身に着ける場としても意識しています。

言葉で表現するのは難しいのですが、誰からも尊敬される医師になれるように、精神面でも大きな支えになれること、これが第3の理念です。

信州大学医学部附属病院卒後臨床研修センターtwitter

信州大学医学部附属病院
卒後臨床研修センター

〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
TEL 0263-37-3050 FAX 0263-37-3080
お問い合わせはこちら
信州大学医学部附属病院
臨床研修プログラム公開説明会
信州型総合医育成プログラム
関東・信州広域循環型専門医養成プログラム
信州大学医学部附属病院卒後臨床センター スマートフォンサイト

スマートフォンでも研修プログラムや卒後臨床研修センターについての情報を見ることができます。