HOME > 研修医・教職員専用ページ > レポート提出について

レポート提出について

初期研修の2年間で提出しなければならないレポートは32項目あります。
下記事項を確認の上、レポートをEPOCにご提出(アップロード)願います。

レポート提出期限

レポートの提出期限は"各病院の定める研修医の評価入力期間と同じ"とします。
信大の場合は、研修期間終了後2週間までです!(CPCの場合は開催後2週間までとします)

入力期限を過ぎてからのレポート提出および指導医の評価を依頼する際には、必ず研修医本人から事前に各科の担当指導医に連絡して了解を得てください。
その際には、指導医の入力期間もご確認いただき、延長が必要な場合は各病院の臨床研修事務担当者にご連絡ください。

レポート作成上の注意事項

○ レポートには、提出項目名および記載者を明記すること。
また、氏名・患者ID・生年月日・入退院日などの個人特定に繋がる情報は必ず削除してから提出してください。

○ レポートの形式は症例報告、手術記録を含んだ退院時病歴概略など、日常の診療で求められるものを使用して構いません。まず指導医に提出しチェックを受けてください。通常の病歴概略のチェックと同様に指導医に依頼して構いませんが、EPOCのレポートとして提出するものだと判るようにお願いしてください。

○ 退院時要約やCPCの事前・当日配布資料の記載事項だけでなく、それぞれの症状、病態についての考察を加えたレポートを作成してください。
最近、提出したレポートを差し戻される例も増えています!!

○ レポートの作成はなるべく電子テキストデータで作成してください。
後日、認定医試験の際の資料作成にも利用できますので、将来のことを考えれば電子テキストデータで作成したほうが便利です。

○ 本院電子カルテ端末で作成したデータファイルは、i-SeFを介して、外来・病棟、診療科・医局、卒後臨床研修センター等に設置されているACSUネットワークでi-SeFが利用できるPC(デバイスコントロール配下のSFSコネクタがあるPC)から強制暗号化USBに取り出すことが可能です。この場合、強制暗号化USB(RUF2-HSCL、RUF3-HSL、もしくは同等品)以外は使用出来ません。

○ 診療情報を取り扱う際には、紛失・漏洩が無いよう個人情報管理にくれぐれもご留意くださるようお願いします。

レポート提出の流れ

【研修医】

1. レポートは事前に指導医のチェックを受け、OKの確認をもらってください。
CPCレポートの提出方法は別途記載

2. OKの確認をもらいましたら、EPOCにレポートをアップロードします。

○ ひとつの項目ごとに1つのファイルをアップロードするようになります。複数の項目が該当するレポートは、同じファイルを項目ごとアップロードしていただいて構いません。

○ レポート提出した項目について、EPOCの各評価ページで研修医評価"済"の入力を行ってください。「CPCレポート」「外科症例レポート」も必ず入力してから指導医に評価を依頼してください。

3. 指導医の先生へEPOCでのレポートの承認入力をメール等で依頼します。

レポート提出完了です

【指導医】

1. レポート内容のご確認をお願いします。
内容に問題なければ、確認OKと研修医へお伝えください。

2. 研修医より承認入力の依頼がメール等で届きますので、承認の入力(各2ヶ所)をお願いします。

EPOCにレポートをアップロードする前に承認をすると、レポートをアップロードできませんのでご注意ください。

レポート提出完了です

レポート提出完了です

CPCレポートの作成・提出方法

○ CPCレポートである旨と、記載者名、対象のCPC開催日等を明記してください。

○ CPCレポートには症例レポートの内容に加え、以下の項目についても記載すること。
・ 臨床経過、検査結果を項目立てて記載すること
・ 病理診断を主診断、副診断に分けて、箇条書きすること
・ その上で、自身の言葉による考察を記載すること
・ 参考文献も記載すること

○ 検査所見での項目名はフォントを統一し、単位名との区別をはっきりつける。

○ 火曜のミニCPC(臨検等3部門合同主催の剖検検討会)は、終了後に担当病理医と個別の質疑・討論を行い、その経緯をレポートに記載すること! この意見交換の記載のないレポートは受け付けない。

○ (配属により異なりますが)ご担当の先生の確認を受けてから、各指導医にレポートの確認入力を依頼することになります。

信大病院配属の研修医は、CPCそれぞれの担当病理医【臨床検査部 佐野先生・分子病理学 中山 淳先生・病理組織学 菅野祐幸先生・(NeuroCPCの場合は)神経難病学 山田先生】によるレポート確認が必要です。
レポートは、卒研センター室にある専用引き出しへ紙で提出(NeuroCPCとそれ以外のCPCレポートを分けて入れること!)する。
OKの確認連絡を受けてから、レポートのアップロードと評価入力(経験目標Aページ6-4))をしてください。

関連病院配属の研修医は、各病院の指定の方法でご担当の先生へ提出してください。
OKの確認を頂いた上で、EPOCへレポートをアップロードし、評価入力・依頼をしてください。

レポートのアップロードの方法はEPOCマニュアル(4-2. レポートのアップロード)もご参照ください。
http://epoc.umin.ac.jp/DL/StandardEPOC_manual2011_resident.pdf
EPOC入力に関しては【EPOC入力について】ページもご確認ください。

信州大学医学部附属病院卒後臨床研修センターtwitter

信州大学医学部附属病院
卒後臨床研修センター

〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
TEL 0263-37-3050 FAX 0263-37-3080
お問い合わせはこちら
信州大学医学部附属病院
信州型総合医育成プログラム
関東・信州広域循環型専門医養成プログラム
信州大学医学部附属病院卒後臨床センター スマートフォンサイト

スマートフォンでも研修プログラムや卒後臨床研修センターについての情報を見ることができます。