HOME > 医科臨床研修 > B. 信州大学産婦人科・小児科研修プログラム

B. 信州大学産婦人科・小児科研修プログラム

B. 信州大学産婦人科・小児科研修プログラム

研修プログラム責任者

プログラム責任者

 増田 雄一  (卒後臨床研修センター 副センター長/助教)

不足する産婦人科・小児科医を養成するための特別なカリキュラム

 産婦人科は妊娠、出産や女性生殖器疾患の管理、さらには生涯にわたり女性のライフサポートを行う重要な診療分野です。周産期医療の進歩により、我が国は世界で最も安心して出産できる国になっておりますが、さらなる改善の余地も残されています。 卵巣がんや子宮がんといった婦人科腫瘍の罹患数や不妊症患者も急速に増加しており、産婦人科のニーズはますます高まっています。このように産婦人科は重要な社会的使命と広い学問領域を有する科であるにもかかわらず、残念なことに近年、産婦人科医不足が叫ばれております。 様々な対策もとられてきましたが、長野県の産婦人科医不足は深刻な状況です。安心・安全な出産、および高い産婦人科診療レベルを維持するためには、より多くの研修医に産婦人科医を目指してもらうことに加え、産婦人科医としてより早く、より高いレベルで習熟してもらう必要があります。 また、本邦の小児医療も急速な進歩を遂げ、小児の死亡率の低さは世界でもトップクラスです。その一方で、後遺症のない救命とよりよく生きることを目指した医療は、将来長きにわたって生活し、将来の社会の担い手となる子どもに対する責務です。 少子化が進んでいるからこそ、小児医療に課せられた責任はより重いものとなっています。しかし、それに対処すべき小児科医の数は、長野県ではまだまだ足りません。さらに、小児科診療は常に全人的・総合的な視点を求められ、プライマリーケアから高度な専門医療まで幅広い研修が求められますので、一人前の小児科医になるには専門病院から救急病院や地域の病院など、様々な施設でのバランスの良い研修が必要です。 この産婦人科・小児科研修プログラムは将来産婦人科か小児科のどちらかに進もうとする研修医のためのプログラムです。効率よくそして優先的に長野県内すべての関連病院と協力して、早期から質の高い研修を特色ある複数の研修施設で行うことができます。将来の専攻を明確にしている方だけでなく、産婦人科と小児科、どちらか決めかねている方にも最適なプログラムです。

研修プログラムの概要

 臨床研修の段階から、産婦人科医・小児科医として自覚・目的をもって研修を行えます。これらは、手技や学習の習熟度の上昇につながり、将来のキャリアを見据えた多数の経験が可能です。信州大学医学部附属病院の分娩数は約900/年と、国公立大学病院の中では非常に多く、他の研修プログラムより多数の分娩や産婦人科手術(帝王切開や婦人科良性腫瘍手術)の執刀が経験できます。将来の専攻を産婦人科・小児科のどちらかに決めている方だけでなく、産婦人科か小児科のどちらかで迷っている方にも最適な研修を提供します。研修科、研修病院は本人の希望や考えを聞きながら決定します。また、2年目の研修内容は一年目の研修の終わり(11月頃)に決めますので、途中で考えが変わった場合にも対応できます。

「長野県臨床研修医研修資金」の貸与の応募資格が得られます

 長野県では、将来、産婦人科医、小児科医として長野県内の公立・公的病院等に従事する意欲のある臨床研修医を支援する事業を行っています。本プログラムでは、この事業による「長野県臨床研修医研修資金」の貸与の応募資格が得られます。 詳しくは長野県のホームページをご確認ください。

産婦人科・小児科研修プログラムの一例

産婦人科志望 多くの病院の診療を経験したい (大学の他、4研修病院と地域病院、産科診療所の医療を経験)

産婦人科・小児科研修プログラムの一例表1

※上記に加えて一般外来研修(4週以上)

小児科志望 多くの病院・医院の診療を経験したい (大学の他、2病院と地域病院、複数の小児科診療所の医療を経験)

産婦人科・小児科研修プログラムの一例表2

※上記に加えて一般外来研修(4週以上)

小児科か産婦人科 決めかねている 大学ともうひとつの病院で1年ずつ研修したい
(大学の他、1病院と地域病院、診療所の医療を経験、最後は将来を決めた科で研修)

産婦人科・小児科研修プログラムの一例表3

※上記に加えて一般外来研修(4週以上)

小児科か産婦人科 決めかねている 大学で2年間研修したい
(地域医療以外は大学病院で2年間研修、最後は将来を決めた科で研修)

産婦人科・小児科研修プログラムの一例表4

※上記に加えて一般外来研修(4週以上)

■産婦人科/小児科・・・ 1年目の4~6月は産婦人科もしくは小児科で研修します。研修プログラムの最後も産婦人科もしくは小児科で研修します。
■内科・・・24週以上の研修が必修です。呼吸器・感染症・アレルギー内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、腎臓内科、脳神経内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・内分泌代謝内科、総合診療科、包括的がん治療学より選択して行います。
■外科/精神科・・・各4週以上の研修が必修です。
■麻酔科・・・当院または関連病院にて研修を行います。
■救急研修・・・12週以上の研修が必要です。研修1、2年目に各6週以上行いますが、6週以上は本院の高度救命救急センターでの研修が必須です。院外研修で救急研修を選択することも可能です。救急部が独立している病院で、救急部に専従した研修ができる施設に限ります。日当直などの急患対応が主体となる病院もあります。
■地域研修・・・4週以上の研修が必要です。研修2年目に行います。産婦人科診療所・小児科診療所を中心に行います。
■一般外来研修・・・4週以上の研修が必要です。本院の総合診療科で研修を行います。地域医療研修先の病院、診療所等においても一般外来研修を行うことがあります。
■院外研修・・・1年間に最大6ヶ月間を他の病院で研修する事が可能です。そのため、2年間で地域医療以外に最大12ヶ月の院外研修が可能となります。

さらに詳細を知りたい方は臨床研修案内(PDF)を参照ください。

見学申し込み・資料請求のお問い合わせはこちら
信州大学医学部附属病院卒後臨床研修センターtwitter

信州大学医学部附属病院
卒後臨床研修センター

〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
TEL 0263-37-3050 FAX 0263-37-3080
お問い合わせはこちら
信州大学医学部附属病院
信州型総合医育成プログラム
関東・信州広域循環型専門医養成プログラム
信州大学医学部附属病院卒後臨床センター スマートフォンサイト

スマートフォンでも研修プログラムや卒後臨床研修センターについての情報を見ることができます。