HOME > 医科臨床研修 > A. 信州大学と関連病院群研修プログラム

A. 信州大学と関連病院群研修プログラム

A. 信州大学と関連病院群研修プログラム

研修プログラム責任者

プログラム責任者

 増田 雄一  (副センター長・医学教育研修センター 臨床研修部門長)

副プログラム責任者

 宮本 強  (産科婦人科)
 森 淳一郎  (医学教育研修センター)
 加藤 沢子  (医学教育研修センター)

研修プログラムの概要

本院と関連27病院を1年ずつ経験する「たすきがけ研修」です。これまで毎年多くの研修医が参加し、全員が日々真剣に取り組み着実な成果をあげています。研修病院の選択方法は以下の3通りです。
(1) 1年目を信州大学、2年目を27協力型臨床研修病院で研修
(2) 1年目に27協力型臨床研修病院、2年目に信州大学で研修
(3) 2年間を通して信州大学で研修(地域医療以外に最大32週の関連病院での研修も可能)

マッチング

※ 1年目の研修病院は、マッチング後に個人面談にて希望を聞いて決定します。
  研修先病院の希望が集中した場合も、可能な限りの受け入れを研修病院に要請します。
※ 2年目の研修病院は、1年目の11月頃に各人の希望を聞いて決定します。
  1年目を本院で研修した場合は、2年目は本院もしくは27協力型臨床研修病院から選択します。
  1年目を27協力型臨床研修病院で研修した場合は、2年目は本院の研修となります。

 27協力型臨床研修病院は、本院との長年の人事交流や教育実績のある病院です。臨床研修についての体制、研修内容や選択科は病院毎に異なります。 本プログラムは、各病院に最低限の統一を設けていますが、病院毎の長所を生かした研修を提供するため、運営は敢えて各病院の実情や考え方に委ねています。 なお、本院と関連病院の管理者や教育責任者は密接に関わり合い、お互いに意見交換を続けています。その多くは信州大学医学部の臨床教授として、卒前学生教育にも熱心に取り組んでいます。 また、本プログラムを修了した数多くの医師が本院、関連病院で活躍していますので、皆さんの研修がスムーズに行えるよう様々なサポートを提供します。 なお、各病院に勤務していても大学病院で開催される研修医向けクルズス(ミニレクチャー)やセミナーを、オンディマンドで好きな時に聴講することができます。 また、自己学習教材や電子教科書などが、他の病院で研修中であっても利用できます。 (Procedures CONSULT、UpToDate、今日の臨床サポートなど、スマートフォン・モバイル端末にも対応)

病院マップ

研修科の選択「最適な研修プログラムを自分でアレンジ」

本院での研修内容やローテートは皆さんの希望を伺って決定します。
皆さんが十分な指導を受けられ、多数の症例が経験できるようにある程度の調整を行いますが、どんな研修をしたいのか、将来何を目指したいのかを考えて、 最適な研修プランを自分でアレンジできるのが本院の研修プログラムの特徴です。

【本院で研修可能な診療科】
呼吸器・感染症・アレルギー内科/循環器内科/消化器内科/血液内科/腎臓内科/脳神経内科/リウマチ・膠原病内科/糖尿病・内分泌代謝内科/精神科/小児科/皮膚科/放射線科/消化器外科/移植外科/小児外科/心臓血管外科/呼吸器外科/乳腺・内分泌外科/整形外科/脳神経外科/泌尿器科/眼科/ 耳鼻いんこう科/産科婦人科/麻酔科蘇生科/形成外科/救急科/総合診療科※/リハビリテーション科/臨床検査部/包括的がん治療学教室(信州がんセンター)
※総合診療科...大学病院では初診外来も担当します。研修スケジュールにより、関連施設での院外研修をすることが可能です。

ローテート例

1年目に信州大学で研修を行う場合

1年目に信州大学で研修を行う場合

2年目に信州大学で研修を行う場合

2年目に信州大学で研修を行う場合

2年間、信州大学で研修を行う場合

各科専門医への最短コース
※1 1年目の4~5月は連続して1科で研修を行います。
※2 研修病院での研修は、診療科の選択方法やローテート順など病院毎に異なります。
※3 24週を連続して研修する必要はありません。
※4 2年目に麻酔科を選択する場合は、必修科または選択科を選択することも可能です。
※5 1年目に麻酔科研修を行った場合は、必修科または選択科を選択することも可能です。
※6 必修科を選択することも可能です。

■内科...24週以上を研修します。24週を連続して研修する必要はありません。総合診療科・包括的がん治療学教室での研修は12週を上限として内科研修に含むことが可能 です。本院では、呼吸器・感染症・アレルギー内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、腎臓内科、脳神経内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・内分泌代謝内科、総合診療 科、包括的がん治療学教室(信州がんセンター)より選択します。
■外科...4週以上を研修します。原則、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科とします。但し、全身麻酔管理を伴う手術が一般的に行われ、周術期管理を行う診療科(脳神 経外科、泌尿器科等)を一部含むことも認めます。
■小児科、産婦人科、精神科、麻酔科...4週以上を研修します。
■救急研修...1年目と2年目に各々6週以上研修します。1年目もしくは2年目に必ず本院高度救命救急センターで連続した6週以上の研修を行います。協力型臨床研修病院 では、病院の体制により救急部に専従して連続6週研修を行う場合と、各科をローテーション中に救急部門の日当直業務を中心に行う場合がありますが、1年間で通算6週 分以上の研修を行います。通算して2年間に12週相当以上の救急研修を行います。救急部門(必修)における麻酔科の研修期間について、本院救急科(高度救命救急セン ター)での研修期間に麻酔科の研修期間を含めません。
■地域医療研修...2年目に4週以上、地域医療研修先である病院、診療所等において研修します。この際、外来研修を並行して行うことがあります。
(研修先病院・施設)飯山赤十字病院、市立大町総合病院、丸の内病院、松本市立病院、長野県立木曽病院、富士見高原病院、鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿 教湯病院、藤森病院、医療法人 輝山会記念病院、特定医療法人 新生病院、信濃町立 信越病院、杉山外科医院、南天診療所、あかはね内科・神経内科医院、しのざき内科 呼吸器科クリニック、医療法人東星会 東城クリニック、(小児科希望者のみ)高島小児科医院、松岡小児科医院
■一般外来研修...原則は地域医療または協力型臨床研修病院・研修協力施設の研修中に行います。但し、本院でも補完して行うものとし、研修先、期間については、本院医学 教育研修センターで調整します。本院での外来研修は総合診療科で2週間行うものとします。これは一般外来研修を行うにあたり、基礎的な知識・技能を予め習得するもの とします。期間を通して一般外来研修は4週以上行います。
■院外研修...2年間本院で研修を行う研修医においては、1年目・2年目に各々最大16週、地域医療とは別に協力型臨床研修病院や研修協力施設(ただし、研修協力施設は 最大12週まで)などの病院群で研修することができます。
※27協力型臨床研修病院に配属時の研修内容は、本研修プログラムの基本方針に従って計画を立案します。

さらに詳細を知りたい方は信州大学臨床研修プログラム(PDF)を参照ください。

信州大学医学部附属病院卒後臨床研修センターtwitter

信州大学医学部附属病院
卒後臨床研修センター

〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
TEL 0263-37-3050 FAX 0263-37-3080
お問い合わせはこちら
信州大学医学部附属病院
関東・信州広域循環型専門医養成プログラム
信州大学医学部附属病院卒後臨床センター スマートフォンサイト

スマートフォンでも研修プログラムや卒後臨床研修センターについての情報を見ることができます。