【キャンサーボード】を開催いたしました

キャンサーボードとは、がん患者の病態に応じたより適切ながん医療を提供できるよう、医師や看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどといった患者を取り巻く医療スタッフが、 一同に会して患者の治療に関する意見交換・共有・検討を行うためのカンファレンスのことです。

信大病院では2010年より開催され、現在、毎月第4月曜日の18時から、
がん診療に携わる12の診療科の中から逐次行われています。




《今回の症例》

 ○「Malignant Fungating Woundを伴う巨大殿部悪性軟部腫瘍の1例」
     演者:整形外科  根本 和明 先生

 ○「胸腺腫関連GVHD様皮疹を発症し、在宅医療連携を行っている一例」   
    演者:信州がんセンター