患者さんが自分らしく豊かに暮らすために

がんなど大きな病気と診断されたときから、患者さんとご家族はこれまで経験のないつらさに直面することでしょう。それは、耐え難い痛みであったり、気持ちの落ち込みであったり、経済的、社会的な問題であったりと、さまざまな形であらわれてくるものです。
緩和ケアは、そのようなつらさから「からだ」と「こころ」を守るためのケアのことです。治療開始から治療中、終末期まで患者さんと家族が自分らしく暮らしていけるようサポートいたします。
医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士などのいろいろな職種からなる緩和ケアチームが、がん相談支援センターとも連携を図りながら緩和ケアを提供しています。

緩和ケアはこのような「つらさ」をやわらげます

  • 痛みや苦痛となる症状をやわらげる
  • 死の恐怖や将来への不安などをやわらげる
  • 患者さんが自分らしく生きていけるように支える
  • QOL(生活の質)の向上に努める
  • 患者さんのご家族を支える

ジェネラルマネージャーごあいさつ

緩和ケアセンターは、がんを患った患者さんの誰もが「がんと診断された時からの緩和ケア」「入院・通院・在宅と切れ目のない緩和ケア」を受けられる地域にするという、長野県の都道府県がん診療連携拠点病院としての大きな使命があります。
その姿になるために、まずは当院で受診している方一人ひとりに、全ての医療者が当たり前に緩和ケアを提供できる病院にしていくことから取り組んでいます。それが、外来であれ入院であれ、治療、療養をする地域や場所が変わっても、すべてのがん患者さんが緩和ケアを受けられるようになる第一歩と信じています。

塩原まゆみ

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、がんの診療を受けている患者さんの痛みなどのつらい症状を和らげたり、患者さんやご家族のこころのケアを行う専門チームです。身体症状や精神症状を担当する医師、看護師、薬剤師、心理士、ソーシャルワーカー、リハビリスタッフ、栄養管理士がチームとして、担当医師や看護師と協力しながら、入院療養中の患者さんとご家族の痛みやつらわを和らげる支援を行います。ご希望の場合は、担当医師もしくは看護師にご相談ください。

緩和ケア外来

緩和ケアチームの医師、看護師、薬剤師らが、通院中や在宅療養中の患者さんとご家族への支援を、担当医師、看護師、在宅療養を支えるスタッフと協力しながら行います。予約制ですので、ご希望の場合は、担当医師もしくは看護師にご相談ください。他院を受診されている方は紹介状が必要となります。