患者さんが自分らしく豊かに暮らすために

がんなど大きな病気と診断されたときから、患者さんとご家族はこれまで経験のないつらさに直面することでしょう。それは、耐え難い痛みであったり、気持ちの落ち込みであったり、経済的、社会的な問題であったりと、さまざまな形であらわれてくるものです。
緩和ケアは、そのようなつらさから「からだ」と「こころ」を守るためのケアのことです。治療開始から治療中、終末期まで患者さんと家族が自分らしく暮らしていけるようサポートいたします。
当院緩和ケアセンターには医師2名、看護師3名が常勤しております。医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士、栄養士、臨床心理士などのいろいろな職種からなる緩和ケアチームが、がん相談支援センターとも連携を図りながら緩和ケアを提供しています。

緩和ケアはこのような「つらさ」をやわらげます

  • 病気や治療に伴う痛みやつらい症状(息苦しさ、吐き気、食べられない、眠れない、だるい、など)を和らげます。
  • 病気や生活上の不安、困りごとなどをお話しください。こころのつらさへのサポートをしていきます。
  • 歩く・食事・入浴など日常生活のいろいろな場面での困りごとについてよい方法を一緒に考えてサポートしていきます。
  • あなたが大切にしたいことをお話しください。ケアの内容や生活面で大切にしたいことをできる限り尊重します。
  • 患者さんのご家族も時につらい気持ちになることや悩むことがあります。そのような時は、ご家族の不安や困りごとをお話しください。ご家族へのサポートも患者さんへの大切な緩和ケアです。

ジェネラルマネージャーごあいさつ

緩和ケアというと「終末期」という印象を持たれる方も多いかもしれませんが、そうではありません。早期(例えばがんと診断されたとき)から緩和ケアを受けることは患者さんやご家族のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を高めることにつながります。患者さんが自分らしく、ご家族が安心して、療養できるように私たちはチーム(緩和ケアチームと診療科、コ・メディカルスタッフ)で患者さんを支えます。
アドバンス・ケア・プランニング(ACP)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。自分が何を大切にしてどのような場所で生きていきたいのか考えていくことです。私も今までの人生を振り返り、これからどんな生き方をしていこうか考えてみました。そして文字にしてみました。1年後にはまた違う願いが出てくるかもしれませんが、その都度自分らしさを忘れないように書き直して行こうと思います。
患者さんの療養場所は病院だけではありません。患者さんやご家族が望む場所(自宅や施設など)で緩和ケアが受けられるように地域とも連携していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

緩和ケアセンタージェネラルマネージャー 山下浩美

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、がんの診療を受けている患者さんの痛みなどのつらい症状を和らげたり、患者さんやご家族のこころのケアを行う専門チームです。身体症状や精神症状を担当する医師、看護師、薬剤師、心理士、ソーシャルワーカー、リハビリスタッフ、栄養管理士がチームとして、担当医師や看護師と協力しながら、入院療養中の患者さんとご家族の痛みやつらわを和らげる支援を行います。ご希望の場合は、担当医師もしくは看護師にご相談ください。

緩和ケアセンター直通

0263-37-2579

緩和ケア外来

緩和ケアチームの医師、看護師、薬剤師らが、通院中や在宅療養中の患者さんとご家族への支援を、担当医師、看護師、在宅療養を支えるスタッフと協力しながら行います。予約制ですので、ご希望の場合は、担当医師もしくは看護師にご相談ください。他院を受診されている方は紹介状が必要となります。

がん看護外来

がん看護に関する専門の知識や技術を持つ、専門・認定看護師が、がんやがんの治療による症状や気持ちのつらさを和らげるお手伝いをさせていただきます。ご希望される場合は、担当医師もしくは看護師にご相談ください。

  午前9:00~12:00 午後1:00~4:00
月曜日 がん相談全般

~ご本人・ご家族のお困りのこと
     どんなことでもお話しください~
むくみのケア
火曜日 からだやこころの症状のケア
水曜日 痛みのケア
木曜日 がん相談全般
金曜日 外見(髪や爪,皮膚など)の変化のケア
   (ウィッグやメイク方法などをご紹介します)