医療従事者の方へ

協議会について

長野県全体のがん診療水準の均てん化を図るとともに,県内のがん診療連携拠点病院間の連携協力体制を図るために設置されました。
協議会概要や活動内容については下記をご覧ください。

協議会について
部会について

お知らせ一覧を見る

一般の方へ 】【 医療従事者の方へ
長野県のがん療養情報をまとめたパンフレットを発行しました
イベント・研修会 】【 一般の方へ 】【 医療従事者の方へ 】【 協議会からのお知らせ
12/9(日)【がん治療における放射線診断・放射線治療の役割】【長野県がん診療連携協議会主催市民公開講座】開催のお知らせ
一般の方へ 】【 医療従事者の方へ
長野県のがん療養情報をまとめたパンフレットを発行しました
イベント・研修会 】【 一般の方へ 】【 医療従事者の方へ 】【 協議会からのお知らせ
市民公開講座「がん化学療法(抗がん剤治療)における腫瘍内科医の役割」を開催いたしました
一般の方へ 】【 医療従事者の方へ
長野県のがん療養情報をまとめたパンフレットを発行しました

クリティカルパス参加のお願い

クリティカルパスとは、診療の進め方を患者さんと医療従事者が共同で確認できるように、表など分かりやすい形式にまとめたものです。診療計画書とも言います。
長野県がん診療連携協議会の役割として、地域連携クリティカルパスの整備があります。協議会を構成するがん診療連携拠点病院は、それぞれ地域医療連携推進のため、上記連携パスを整備して運用しています。
しかしながら、運用件数を増やして実績を上げていくためには、様々な努力が必要です。特にがん診療の連携パスについては、協議会として運用状況を確認し、長野県全体として連携パスが一層活用されるよう努めなければなりません。
各拠点病院も日々努力いたしますが、長野県内の病院、診療所の皆様におかれましても、患者さんの地域連携クリティカルパスへの参加についてご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

各種様式ダウンロード

がん診療連携拠点病院 院内がん登録長野県データ利用

 「院内がん登録長野県データ」とは、県内のがん診療連携拠点病院から信州がんセンターがん情報部に提出された、各拠点病院のがん登録データです。長野県がん診療連携協議会では、このデータを学術的または総合的な研究推進、がん対策等にご利用いただくため、利用規約、申請書その他を掲載しています。
詳細は、末尾に掲載の利用規約と運用規則をご覧ください。

【申請・利用の手順】

①データ利用を希望する方(利用者)は、1の利用申請書と2の所属施設長の承諾書(別紙)及び3の誓約書を記入・押印のうえ、下記事務局まで郵送してください。
(事務局)
 信州大学医学部附属病院 医療支援課医療連携係
 〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
 電話:0263-37-3391

②書類は、長野県がん診療連携協議会がん登録部会に設けられた審査委員会で審議されます。審査結果は4の審査結果通知書により、事務局から利用者にお送りします。

③データ利用が許可された場合は、信州がんセンターがん情報部において該当データを作成します。こちらもデータが完成次第、事務局を通じてお送りします。
データが届きましたら、利用者は5の受領書を記入・押印のうえ、事務局まで郵送してください。

④利用期間を過ぎたデータは、利用者自身により、復元不可能な形で破棄をお願いします。処理が完了次第、6の破棄報告書を記入・押印のうえ、事務局まで郵送してください。

⑤データ利用に基づく研究成果を公表する際は、院内がん登録長野県データを使用していることを公表物に明記してください。
公表後は、速やかに7の公表報告書を記入・押印のうえ、公表物とともに事務局へ郵送してください。

トップへ戻る