トップ > 病院概要 > 理念・目標・職業倫理方針

病院概要

理念・目標・職業倫理方針

基本理念

本院は診療・教育・研究を遂行する大学病院としての使命を有し、また患者さんの人権を尊重した先進的医療を行うとともに、次代を担う国際的な医療人を育成する。

目標

  1. 心の通い合う、透明性の高い医療を行い、病気の予防、診断、治療に全力をつくす。
  2. 患者さんが社会復帰できるよう支援する。
  3. 地域における医療と福祉の向上に寄与する。
  4. 命の尊さと心身の痛みがわかる人間性豊かな医療人を育成する。
  5. 未来の医学・医療を創造し、その成果を国内外に発信する。

職業倫理方針

本院職員は、医学及び医療の使命が患者さんへの治療はもとより、人びとの健康な生活の実現にあることを理解し、医療人の職責の重大性を理解しながら、職務を遂行します。

患者さんの権利

患者さんの権利
  • 人間としての尊厳を保ちながら、最善の医療を受けることができます。
  • 適切で良質な医療を公平に受けることができます。
  • 病気の状態、治療内容、治療の見通しについて、充分に納得できるまで説明と情報を受けた上で、治療方法などを自らの意思で選択できます。
  • 自分の診療記録の開示を求めることができます。
  • プライバシーが尊重され、個人情報は保護されます。

※「患者さんの権利」が守られていないと思われることがありましたら、中央受付「1.ご相談」窓口でお受けいたします。

患者さんへのお願い
  • 医療に対し主体的に参加してくださるようお願いいたします。
  • 医療は、患者さんと医療従事者との信頼関係に基づいた協同作業です。自らの心身の状態に関する情報を医師や看護師に可能な限り正確にお伝えください。
  • すべての患者さんが快適な環境で適切かつ平等な医療を受けられるように、他の患者さんの ご迷惑にならないようご協力ください。
  • 大声などの迷惑行為、暴言、暴力、性的嫌がらせなどの反社会的行為を行った場合は、退去または退院していただくことがあります。
  • 建物内外を問わず、敷地内は禁煙となっていますので、ご協力ください。
  • 診療費は、指定された期日内にお支払いください。
  • 本院は教育研究病院のため、教育実習、臨床研究および臨床試験にご協力をお願いすることがあります。なお、ご協力いただけない場合でも、不利益を被ることはありません。

以上の項目につきまして、ご理解とご協力をお願いいたします。

▲このページの先頭へ