信州大学医学部附属病院

文字サイズ
拡大
標準
EN JP
バイオバンク信州

バイオバンク信州

バイオバンク信州

ご挨拶

 2019年9月、信州大学医学部附属病院は、がんゲノム医療拠点病院に選定されたことを機に、バイオバンクの設立に向けた準備を始め、「バイオバンク信州」を設立、2020年8月から運用を開始しました。
 医学研究の進歩には、がん組織を用いた基礎、および臨床研究が重要であることは既知のことです。 「バイオバンク信州」は、患者さまの同意のもと、がん組織の試料と診療情報を収集し、匿名化したのちそれらを保管、将来的に信頼できる医学・薬学研究者に提供して、病気の解明や治療法・予防法の開発など医学の進歩に貢献するものであります。また、「バイオバンク信州」を運営することにより、学内外の医学・薬学研究者の皆さまに最適な研究基盤を提供し、効率的な医学・医療の研究・発展に貢献することが目的であります。
 「バイオバンク信州」の趣旨をご理解いただき、医学・薬学研究への活用をご検討くだされば幸いです。

信州大学医学部附属病院
病院長 川真田 樹人

医療関係者・研究者の皆様

 近年、医学・医療は大きく発展し、以前は難治性とされた疾患にも、有効な治療法が開発されるようになりました。こうした医学・医療の発展は、膨大な人を対象にした医学・薬学研究に裏付けられ、患者試料を用いた研究が重要であることは周知のことであります。より効率的に医学・薬学研究の推進するためには、研究者が所属施設を問わず、多くの患者さまの試料(組織、血液、尿等)および診療情報等を活用できる体制作りが必須です。
バイオバンクとは、同意の得られた患者様の試料を保管し、のちの研究資料として有効利用しようとするもので、今までいくつかの大学病院、研究センター等に設立されておりました。
2019年9月、信州大学医学部附属病院はがんゲノム医療拠点病院に選定されたことを機に、バイオバンク設立に向けた準備を開始し、「バイオバンク信州」を設立しました。
 バイオバンク信州は、患者さまの同意のもと、組織や血液といった試料と診療情報を収集し、匿名化したのち、それらを大切に保管し、将来的に信頼できる医学・薬学研究者に提供して、病気の解明や治療法・予防法の開発など医学の進歩に貢献するものであります。また、バイオバンクを運営することにより、学内外の医学・薬学研究者の皆さまに最適な研究基盤を提供し、医学・医療の発展に貢献することが目的であります。
 試料の分譲、診療情報および提供可能な情報等に関しては、現在規定を含めて準備中であり、確定次第随時HPを更新し、広報していく予定です。
バイオバンク信州の趣旨をご理解いただき、医学・薬学研究への活用をご検討ください。

新着情報

当院で診療を受ける患者さんへ

 バイオバンク信州とは、患者さまの同意のもと、ご提供いただいた血液、組織、尿などの試料と診療情報を、研究のために大切に保管・管理し、医学・薬学研究に活用させていただく仕組みのことです。
 ご提供いただいた試料と診療情報は、将来的に病気の解明や治療法・予防法などの多くの研究を支える貴重な資源となります。
 近年、医学・医療は大きく発展していますが、まだ有効な治療法が見つかっていない病気もあり、また、同じ病気でも患者さまによって治療薬の効果・副作用が異なるため今後は一人一人に最適な医療(オーダーメイド医療)を提供できるような研究も進められています。
 将来の医療に役立つ研究を行うためには、病気自体(試料)を用いた研究が重要であり、ご提供いただいた患者さまの試料および診療情報などを保管・管理し、将来の研究に活用できる体制作り(バイオバンク)が必要です。本研究の対象の患者さまには担当医師、バイオバンク信州担当者からリーフレットと説明書を元に分かりやすくご説明させていただきます。
 人々の健やかな未来のために、新たな予防法・治療法の開発へのご協力をお願いいたします。

リーフレット・研究協力のお願い

資料はこちらからダウンロードできます。

■バイオバンク信州リーフレット
■バイオバンク信州 研究協力のお願い

お問い合わせ先(医療関係者様向け)

<バイオバンク信州連絡先>
信州大学医学部附属病院・臨床検査部・バイオバンク信州事務局
〒390-8621 松本市旭3-1-1
E-mail:biobank_shinshu@shinshu-u.ac.jp