トップ > 診療科・部門 > 診療科一覧 > 産科婦人科

診療科・部門

科長塩沢 丹里
外来医長鹿島 大靖
病棟医長:産科安藤 大史
病棟医長:婦人科小原 久典
統括医長大平 哲史

お問い合わせ

医局0263-37-2719
▲このページの先頭へ

診療紹介

  • 長野県における周産期医療の基幹病院。ハイリスク妊娠・分娩に対する専門的な母体・胎児・新生児の管理。
  • 遺伝子医療研究センターと連携した出生前診断および遺伝カウンセリング。
  • 悪性腫瘍の集学的治療を施行。特に子宮頸癌の進行癌には術前ネオアジュバンド動注化学療法で生存率が向上。
  • 子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫など良性婦人科疾患に対して腹腔鏡手術を積極的に導入。
  • 更年期、骨粗鬆症、子宮脱など、女性を一生涯にわたってサポート。
  • 体外受精・胚移植(顕微授精や精巣内精子採取を含む)、卵管鏡下卵管形成術など最先端技術を導入し、より高度な不妊治療を施行。(生殖医療センターにて実施)
  • 化学療法、放射線療法など悪性腫瘍治療時に起こる妊孕能低下への対応(精子凍結保存など)
▲このページの先頭へ

高度な医療または特徴的な医療

周産期
  • 妊娠高血圧症候群のほか、糖尿病、甲状腺疾患、自己免疫疾患、血液疾患等の合併症妊娠の管理
  • 信州大学遺伝子医療研究センターと提携した重篤な遺伝子疾患の出生前診断とカウンセリング
婦人科
  • 正確な病理組織診断とMRI、CT等の画像診断を活用した術前評価
  • 子宮頸癌初期病変のリープ円錐切除による保存療法
  • 進行頸癌の術前ネオアジュバント動注化学療法
  • 進行・再発頸癌に対する放射線療法と化学療法の併用療法
  • 子宮体癌に対する子宮鏡検査と傍大動脈リンパ節郭清
  • 卵巣癌のMRI、カラードップラーと腫瘍マーカーによる正確な術前診断
  • 卵巣癌手術における骨盤内、傍大動脈リンパ節郭清
  • 進行、再発した卵巣癌や子宮癌に対する骨盤内除臓術や他臓器合併切除
  • MRIを用いた子宮筋腫と子宮肉腫の鑑別、患者のニーズに合わせた治療法の選択
  • 更年期のホルモン補充療法(HRT)
不妊症
  • 子宮内膜症に対するホルモン療法と腹腔鏡手術
  • 体外受精、顕微授精(ICSI)、精巣精子抽出術
▲このページの先頭へ

特徴的な医療機器等

  • カラードップラー超音波診断装置
  • 子宮鏡
  • MRI
  • CT
  • リープ装置
  • 腹腔鏡、顕微授精装置
▲このページの先頭へ

外来診療スケジュール

専門科目
産科初診午前時光時光交代制交代制山中
午後時光時光交代制交代制山中
婦人科外来午前鹿島山田 靖塩沢井田小原
午後鹿島山田 靖竹内井田小原
生殖医療午前内川樋口樋口
午後内川樋口樋口
産科午前菊地大平浅香安藤金井
午後菊地大平浅香安藤山中
▲このページの先頭へ
▲このページの先頭へ