信州大学医学部附属病院

文字サイズ
拡大
標準
EN JP
お知らせ

お知らせ

日本新生児臨床研究ネットワーク会議にて、IVH(超低出生体重児の脳室内出血)について発表しました

お知らせ

20200912_NRNJ.PNGのサムネイル画像
令和2年9月12日(水)、日本新生児臨床ネットワークの質向上会議がWebで開催されました。

新生児医療にかかわる方々が全国から多く参加される中、「脳室内出血が少なく、死亡率も多くない成績の良い施設」として当院が選出され、小児科医師 三代澤幸秀 が「IVH(超低出生体重児の脳室内出血)予防のための超早産児の管理方法について」発表を行いました。